チョコミント「苦手な人」が多いのに人気の理由

実は世界の歴史的には大人受けする味だった

日本では、高級チョコレートブランドも「大人のミントチョコ」を販売する。

ゴディバの「パール ミント」は、世界100カ国以上で展開するベストセラーだ。ファンが多いミントチョコレートを、2007年に携帯しやすい缶入りにした。バッグから取り出して、さっと小腹を満たしたり気分転換できる。

ゴディバ「パール ミント」(上)、リンツ「リンツ エクセレンス ミント」(下)。高級感があり、大人が持って違和感がない(筆者撮影)

「リンツ エクセレンス ミント」(ミントのダークチョコレートバー)は、今年9月から日本で通年販売となった。「チョコミントは夏だけのものではありません。歴史的にもチョコミントは大人が楽しんできたもの。海外のように年間を通して楽しむスタイルを、日本にも広く伝えたいです」(リンツ&シュプルングリージャパン 篠原みどりさん)。

仕事中、食後のミントは理にかなっている

「仕事の合間に、気分を切り替えて、頭を冴えさせたいときに」(30代女性)、「小腹が空いて、疲れたときに一石二鳥でちょうどいい」(50代男性)。

仕事の効率を上げるために、チョコミントを食べる大人も多い。ペパーミントの主成分(ミント香料にも含まれる)メンソールは、リフレッシュ効果が高いため、頭をスッキリさせ、集中力を高めることにつながる。

アフターディナーのチョコミントも理にかなっている。チョコレートはデザートになり、メンソールには胃腸の働きを整える効果があるからだ。「頭の中を切り替えて、次のシーンへ進みたい」シチュエーションは、大人なら仕事でも生活でもあるだろう。そんなときにチョコミントが役に立つ。

ロングセラーがあり、大人のチョコミント需要があり、さらに日本では若い消費者に支持されている。アイスをイメージさせる涼しげなカラーと、スーッとする清涼感から「夏チョコ」として定着もした。「苦手派」はやはり多いが、チョコミントには魅力が多く、愛好家の層は厚い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT