チョコミント「苦手な人」が多いのに人気の理由

実は世界の歴史的には大人受けする味だった

日本では、高級チョコレートブランドも「大人のミントチョコ」を販売する。

ゴディバの「パール ミント」は、世界100カ国以上で展開するベストセラーだ。ファンが多いミントチョコレートを、2007年に携帯しやすい缶入りにした。バッグから取り出して、さっと小腹を満たしたり気分転換できる。

ゴディバ「パール ミント」(上)、リンツ「リンツ エクセレンス ミント」(下)。高級感があり、大人が持って違和感がない(筆者撮影)

「リンツ エクセレンス ミント」(ミントのダークチョコレートバー)は、今年9月から日本で通年販売となった。「チョコミントは夏だけのものではありません。歴史的にもチョコミントは大人が楽しんできたもの。海外のように年間を通して楽しむスタイルを、日本にも広く伝えたいです」(リンツ&シュプルングリージャパン 篠原みどりさん)。

仕事中、食後のミントは理にかなっている

「仕事の合間に、気分を切り替えて、頭を冴えさせたいときに」(30代女性)、「小腹が空いて、疲れたときに一石二鳥でちょうどいい」(50代男性)。

仕事の効率を上げるために、チョコミントを食べる大人も多い。ペパーミントの主成分(ミント香料にも含まれる)メンソールは、リフレッシュ効果が高いため、頭をスッキリさせ、集中力を高めることにつながる。

アフターディナーのチョコミントも理にかなっている。チョコレートはデザートになり、メンソールには胃腸の働きを整える効果があるからだ。「頭の中を切り替えて、次のシーンへ進みたい」シチュエーションは、大人なら仕事でも生活でもあるだろう。そんなときにチョコミントが役に立つ。

ロングセラーがあり、大人のチョコミント需要があり、さらに日本では若い消費者に支持されている。アイスをイメージさせる涼しげなカラーと、スーッとする清涼感から「夏チョコ」として定着もした。「苦手派」はやはり多いが、チョコミントには魅力が多く、愛好家の層は厚い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。