「効率的な人」ほど忙しさから解放されない理由

「内在時間」が減っているのかもしれない

:それである程度の大きな命の流れを実感したりもしますしね。この人がおったんで、この人が生まれて、だからいま自分がいて……ぐらいのことは思いますからね。こういう時間って、無駄に見えて、本当はものすごく大切なんですよね。

哲夫さんもネタを書かれるようなクリエイティブなことは、それこそ内在時間に余裕がなかったら書けなくなるんじゃないですか?

アイデア出しに8時間かかった

哲夫:今ね、「内在時間」という崇高な言葉をいただいて、そういっていいかはわかりませんが、ネタを作るときはつねにそうだなと思います。ネタを作るってことは、内在時間を過ごしてるんですね。

:ネタはどうやって考えていらっしゃるんですか?

哲夫:僕は、アイデアを出す側のほうなんですけど、ほんまに出えへんときは、相方と同じ部屋にこもって8時間ぐらいずっと無言なんですね。その間に何をやっているかっていうたら、僕はずっと頭のなかであらゆることに思いをはせてるんです。で、これはネタになるか、これはネタになるか、ということをずっとやっている。相方も僕がアイデア1個出るまでずっと黙ってるからすごいんですけど、こういうやり方でずっとやり続けてるから、もうそういう形になっちゃったんです。

:2人でやるもんなんですね。

哲夫:そうなんです。というのも、僕がアイデアを出すと「イヤや」って言われるんですね。「このネタやろうや」「イヤや」って。で、これ繰り返すと球がなくなるからまた考えないといけないじゃないですか。だから、「もう一緒におったほうがいいわ」ってなって、そこからまたずっと延々無言で考えるんです。それが8時間ぐらいのときもあるんですね。すると、あれっ、これ瞑想してるのと一緒ちゃうのと思ってきて、あらゆることに思いをはせて、ほかのこと一切しないで。

次ページ名作ネタ「鳥人」が生まれた背景
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT