やっぱり老後2000万円まで貯める必要はない

老後、毎月食費や通信費にいくら使いますか?

あなたは老後、毎月の食事やネット代にいくら使うだろうか?(写真:IYO/PIXTA)

6月に起きた、いわゆる「2000万円騒動」はかなり下火になってきたようです。話題になった金融庁の金融審議会市場ワーキング・グループの議事録(第23、24回)が8月8日に公開されましたので、筆者もひと通り目を通してみました。

議事録は、委員会における各委員の発言が正確に載っており、これは公開されていますから、一度読んでみるとよいと思います。

議論自体は極めてまっとうなものであることは、多くの識者も指摘していますので、その内容について改めてコメントすることはありません。ただ、今回の騒動を振り返ってみて、1つ大きな視点が欠けているような気がしています。それは「支出」の問題です。

老後の食費6.5万円、通信費2.8万円は多すぎる?

「老後の生活に2000万円足りない!」というフレーズだけが取り上げられて盛り上がってしまったため、「もっと若いうちから資産形成しないといけない」とか、「いや、老後も働かないと食べていけない」といった意見。さらには「2000万円足りないのだから、今から積極的に投資して増やしましょう」といった言葉に踊らされて、高額の投資セミナーなどに参加する人も増えています。

しかしながら、これらの考え方はいずれも収支のうち「収入」の部分だけに注目したものです。くだんの報告書に出てくるデータについても「支出」は所与のものとして、2000万円不足という話が独り歩きしているようですが、この支出の中身をよく見ると、かなり不自然な数字が並んでいます。

例えば、食費の部分を見てみますと、その金額は月に6万4444円となっており、支出全体の27.4%を占めています。高齢者の場合、一般的に支出に占める食費の割合は15%ぐらいですから、このデータに出てくる支出総額から計算すれば、月額3万5000円ぐらいになります。

実は、筆者もこのデータと同じ高齢夫婦世帯ですが、夫婦2人だけの生活なので、毎月の食費は3万5000円前後というのは自分の実感とほぼピッタリ合います。食費6万5000円は少し多すぎるように思います。外食の機会が多いということでしょうか。

また通信費が2万7576円となっていますが、これも高齢無職世帯としては少し多いような気がします。食費にしても通信費にしても人それぞれですから、実際にこれくらい使っている人がいても不思議ではありませんが、平均値としてみた場合、やや現実感のない数字になっているように思うのです。

次ページ「無職夫婦世帯」の平均純貯蓄額約2500万円は高すぎ?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。