アップル「ホームポッド」2台使いが秀逸すぎる

デジタル音楽のためのユニークなスピーカー

日本でも8月23日に発売となるHomePod。iPhoneを近づけると自動的に認識し、自分のApple IDを通じてApple Musicアカウントやカレンダーなどの情報を、音声アシスタントSiriを通じて利用できる(筆者撮影)

アップルはアメリカで2018年2月に発売したスピーカー「HomePod(ホームポッド)」を日本で8月23日に発売する。これに先駆けて、HomePod2台使いをレビューする。

筆者は現在、自宅のオーディオ環境をSONOSで構築している。テレビに組み合わせるサウンドバー「Playbar」や、ステレオモデルの「Play 5」などを2017年頃にそろえ、移動させながら「Play 1」も利用している。

また外出先では、電車や徒歩などでの移動中はアップルの「AirPods」、座って作業をする際には遮音性が高い完全ワイヤレスヘッドフォン、ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless」、飛行機移動ではノイズキャンセリングに対応するParrot「Zik 3」を使い分ける。

音楽ソースはApple Musicのほか、Spotify、Podcast、大量に持っているCDをデジタル化した音源などさまざまだが、基本的には完全にデジタル音楽に移行しており、すでに自宅にはCDプレイヤーがなく、パソコンからもDVDドライブはなくなってしまった。

セットアップは「自動的」で極めて簡単

HomePodは7つのツイーター、6つのマイク、1つのウーハーを搭載する、重さ2.5キロの円筒形スピーカーだ。白とスペースグレーの2色展開で、柔らかに落とされた角の造型をメッシュのファブリックで包み込む様子はいかにもオーディオ製品のアップル的解釈を感じる。

布巻の電源ケーブルを差し込むとHomePod上部に光が点り、セットアップのモードに入る。AirPodsをペアリングするように、手元のiPhoneをHomePodに近づけると自動的にHomePodを認識してカードが画面に表示され、数タップするだけで自分のApple IDと紐付けるセットアップが完了する。

HomePodは音声アシスタントSiriに対応しており、「Hey Siri」のおなじみのフレーズで呼び出すと、音楽再生中でもリクエストをクリアに認識して応えてくれる。その音声認識の声の吹き込みも、セットアップの工程の中に含まれていた。

セットアップ工程では、実際にSiriでリクエストして音楽を再生するプロセスがある。実はこれも、HomePodにとって重要なセットアップの手段となっている。

次ページ壁までの距離や部屋の広がりなどを自動で認識
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。