遺産相続めぐる「骨肉の争い」はこんなにも醜い

お金持ちじゃない家庭でも普通に起こる

働き盛りのビジネスパーソンが、近い将来直面するのは親に関する難題だ(デザイン:熊谷直美)

相続トラブルというと、多額の資産を持っている富裕層の家庭で起こるものと思われがちですが、そうとは限りません。財産をそれほど持っていなくても、相続をめぐる争いはどこの家庭でも起きます。

ケース1:仲のよいきょうだいの関係が完全崩壊

『週刊東洋経済』8月5日発売号は「相続・終活・お墓」を特集。最新事情を追っています。ここでは筆者が弁護士時代に遭遇した、実際の紛争を紹介しましょう(事実関係については一部変更しています)。紹介する家族は明日のあなたの姿かもしれません。誌面版、「弁護士は見た!」です。相続で不幸にならないための、他山の石としてください。

『週刊東洋経済』8月5日発売号の特集は「相続・終活・お墓」をです。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

Aさんは4人きょうだいの末っ子です。もともときょうだい仲はよく、互いに行き来もありました。父親はすでに亡くなっていましたが、母親が亡くなると途端に関係が悪化しました。

きっかけは母親と同居していた長男が母親の預貯金をすぐに示さず、自分がその多くを相続すべきと主張したことです。長男は「長男だから家を継ぐのは当然」で、預貯金の詳しいことをきょうだいに開示する必要はないと考えている様子でした。しかも「自分たちは両親が亡くなるまで介護を行っていたのだから、その分も多く遺産をもらえるはずだ」と主張しました。

次ページついには家庭裁判所に調停を求める事態に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。