災害時に通信をつなぐNTTの「ICTカー」

避難所の情報もデータベース化

画像を拡大
タブレットを用いて被災者のデータベースを作る。物資の供給状況から健康状態を知ることもできるという

もうひとつの機能が被災者のデータ収システムである。

これは前述のように避難所などでの利用を想定したもの。タブレット端末で、被災者の顔写真と交通系カードや免許証などを撮影して、避難者のデータベースを作る。これによって、避難所を移動したりした場合にも、継続的にフォローできる。物資の受け渡し状況、健康状態なども記録できる。NTTが提供している安否確認サービスとの連携も可能だ。

海外からの関心も高い

2月下旬からは、高知県の南国市と黒潮町でICTカーを導入し、実証実験を開始。今後1~2年をメドにグループ企業、地方自治体などへ導入を目指すという。ただ、現時点では具体的な導入計画は未定。NTTグループには移動基地局車や持ち運び可能な小型通信システムもあるため、地域の特性に合わせた配備計画が必要になるだろう。

 また、このICTカーには昨年11月、巨大台風によって深刻な被害を受けたフィリピン政府も関心を寄せているという。「被災地域の通信環境の復旧に生かせないか、といった要請が来ているところ」(坂野研究員)。国内で実証実験を進める中で、さらなる性能改善を進めていく構えだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT