吉本とジャニーズの激震で破れる芸能界の均衡

テレビと芸能は共同体のままでいいのか

記事掲載があってからこの間、事務所とタレントの間に相当な議論とコンタクトがあったにもかかわらず、その経緯が初めて公に語られたのは事務所ではなく芸人が独自に開いた記者会見の場であったことも異様だ。それは安倍政権の命運を占いかねない参議院議員選挙の前日の土曜日であった。一部、この土曜日から日曜日までの報道・情報番組のかなりの部分がこの吉本報道に費やされたことに苦言を呈する向きもある。

ただ、お笑いタレント2人の単なる謝罪会見に終わると思えた内容が、彼らの所属事務所のさまざまな内部事情の話に及ぶに従って会見の雰囲気が変わって来た。「これはただ事ではない」と会見場にいた報道陣も、AbemaTVなどで生放送を見ていた一般の方々も思ったはずである。

現に松本人志はその日の夜、新宿の本社で緊急に吉本の幹部に会っている。明石家さんまは20日夜のMBSラジオで「(宮迫を)ウチの(個人)事務所にほしい」「何があったって、宮迫側のフォローをしてあげようと」「これで吉本興業が俺(さんま)に対して『そんなことするなら会社やめてもらおう』ってなったら仕方のないことで」とまで笑いに包みながら話している。

ビートたけしと明石家さんまも場外乱闘に参戦

このラジオは20日より前に収録されており、宮迫がさんまに電話で助けを求めたとされている。明石家さんまにここまで言わせるのは吉本側の対応に本人が相当に怒り心頭であることは確かである。

吉本興業所属ではないが20日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」でビートたけしは「猿回しと同じで芸人は猿と一緒。猿が人を噛んだからといって、猿に謝らせたらダメ。飼ってる奴が謝らないと。」との例え話で“強烈に芯を食った物言い”をし、続けて「こういう姿を見せた芸人を見て、誰が見て笑うんだってなる。だからこれをやってくれるなと思うわけ。芸事は、そういうことを全部忘れて明るく笑わせることが芸。それをやらせてしまう事務所がおかしいって」と猛烈に早口で批判し「闇営業」しなくてはいけない芸人に対する会社側の最低保証にまで話が及んだ。

「(事が起こった時に)事務所とみんな出て『すいません』でそれで済んでたんだよ。『謹慎させて出直します』って済んだことなのに。」と初期対応のまずさを指摘した。

私はビートたけしと明石家さんまと長年仕事をしてきた仲であるので、彼らがどれだけこの案件に苛立ちを覚え激憤しているかが手に取るようにわかる。確かに宮迫博之が早めに「金銭授受があった」と言い事務所の然るべき人物と記者会見すれば良かったのにまるで“臭いものに蓋をするように”解雇をちらつかせ延々と情報開示を引き延ばし、挙句の果てに堪え切れなくなった2人の芸人が異例な記者会見をする羽目になった。

次ページ松本人志でさえ“知らない・知らされない”事態があった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。