日立「英国新幹線」、祭りの後に待ち受ける試練

イベントは大盛況、だが次に造る車両がない?

鉄道の街・笠戸の勢いは衰えることがない。しかし、海の向こう、イギリスのニュートンエイクリフ工場では、ある問題を抱えている。

現在、同工場はIEP向けクラス800やスコットランド向け近郊車両の製造で大忙しだ。毎月の生産量は約40両。しかし近郊車両の製造はもうじき終わり、IEP向けも来年には生産が完了する。小ロットの案件がいくつかあるとはいえ、大型案件2つがなくなることで、工場は一気に手持ち無沙汰になる。

日立が受注を狙っているのが、ロンドンとバーミンガムを結ぶ高速新線「HS2」。IEPに匹敵する大型案件だ。日立はボンバルディアと組んで6月5日に応札したが、シーメンス、アルストムなどのライバルも応札している。日立が確実に受注できるとは限らない。

「HS2」受注が今後の鍵

ニュートンエイクリフ工場で造るものがなくなったらどうするのか。こんな問いに対して、日立のアリステア・ドーマー副社長は、「日本、イタリア、イギリスの各工場をフレキシブルに活用することで、各工場の作業量を最適化したい」という。具体的に言えば、欧州大陸向けの車両をイギリスで製造する可能性もあるということだ。

ニュートンエイクリフ工場で製造中の「クラス800」(記者撮影)

以前、ニュートンエイクリフ工場が手一杯だったときにイタリアの工場でイギリス向け車両を製造したこともあるので、こうしたアイデアは十分ありうる。ニュートンエイクリフ工場で造るものがないので従業員をリストラするという最悪の事態は考えなくてもよさそうだ。

しかし、イギリスのEU脱退が取り沙汰される今、こうした作業の分散化が本当に最適なものになるかどうかは不透明だ。イギリス向けの案件を製造することがニュートンエイクリフ工場にとってベストであることは言うまでもない。

その意味では、HS2の受注は日立にとって今まで以上に重要な意味を持つ。HS2が受注できれば量産先行車は笠戸で製造されるはずだ。そうすると、HS2が道路を走る姿を見ることができるかもしれない。笠戸の人たちも、イギリスからの朗報を首を長くして待っているに違いない。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。