アップル製スマートスピーカーは「買い」か?

価格はアマゾンやグーグルの「5倍」だが…

今夏ついに日本でも発売されることが発表された、アップルのスマートスピーカー「HomePod」とはどのような製品なのか(筆者撮影)

アップルはアメリカ時間7月9日、MacBook AirとMacBook Proの廉価モデルを発表した。いずれもこれまでより値下げされながら、性能が向上している。

MacBook Airはエントリーモデルのノート型Macで、2018年10月に久しぶりのアップデートで、新しいデザインとRetinaディスプレーへの移行を果たした。今回のアップデートでは、環境光に応じてホワイトバランスを調節するTrueToneディスプレーに対応。新しい価格は一般向けが11万9800円、学生・教職員向けが10万9800円。

またMacBook Proのエントリーモデルはこれまでタッチ操作可能なファンクションキー「Touch Bar」が非搭載だったが、今回の刷新でTouch Barが搭載され、指紋認証のTouch ID、T2セキュリティチップも内蔵された。一般向けの価格は13万9800円、学生・教職員向けは12万9800円となる。

MacBookシリーズはボディの堅牢性に加え、毎年刷新されるMac OSのアップデートで動作速度が高速化されており、性能的に陳腐化しにくい。そのため学校で4~5年使う場合、トータルのコストを安く抑えられる可能性が高い。しかも、これらの新製品に採用されているバタフライキーボードに不具合が生じた場合は、過去に発売された製品と同じく、無償修理を受けることができる。

なお、12インチのMacBookはラインナップから姿を消すこととなった。

HomePodがついに日本で発売される

MacBookシリーズの刷新とともに日本向けに発表されたのは、アップルのスマートスピーカー「HomePod」だ。今夏には発売される予定だ。

HomePodはiPhone 6と同じA8プロセッサーを内蔵するスマートスピーカーだ。直径14.2センチ、高さ17.2センチの円筒形をしたスピーカーには、2センチも動くウーハー、7つの高音用スピーカー、そして6つのマイクを備えている。

設置すると、自動的に環境を分析し、直接届く音、壁などに反射して間接的に届く音を細かく制御して、単体でも豊かなステレオ環境を実現してくれる製品だ。2つのHomePodを設置することもできるほか、複数の部屋に置いてあるHomePodを連携させて巨大な音響空間を作り出すこともできる。

次ページHomePodのSiriに話しかけると…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT