FRB議長、景気減速リスクに「適切に行動」と言明

月末開催FOMCでの利下げに向けて「地ならし」

7月10日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は下院金融サービス委員会で証言し、貿易摩擦や世界経済の減速による米景気拡大への影響に対処するため「必要に応じ行動する」と述べた(2019年 ロイター/ERIN SCOTT)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は10日、下院金融サービス委員会で証言し、貿易摩擦や世界経済の減速による米景気拡大への影響に対処するため「必要に応じ行動する」と述べた。今月末に開催する米連邦公開市場委員会(FOMC)で約10年ぶりとなる利下げ実施に向けた下地を整えた格好だ。

パウエル議長は、貿易摩擦を巡る不透明性が漂う中、「広範な」世界景気の弱含みが米経済見通しに影を落としていると指摘。先週発表された6月の米雇用統計は底堅い内容となったものの、欧州やアジアなど、他の主要国の経済指標の低調は続いており、引き続き米見通しへの重しになっているとの認識を示した。

議長は「製造業、貿易、投資は総じて世界的に低調」とし、米中通商協議が再開したものの「不透明性の払拭には至っていない」と述べた。

低水準にある米失業率がインフレを誘発する可能性があるかとの質問に対しては、全般的な物価上昇ペースは引き続き「抑制されており」、賃金も「小幅な」伸びにとどまっていると指摘。「労働市場が過熱していると判断する確証はない」と応じた。

トランプ大統領から辞任を求められたら、「荷物をまとめてFRBを去るのか」との質問には「辞任しない。法は私の任期が4年であると明示しており、私は任期を全うするつもりだ」と、素っ気なく回答した。

議長は、FRBの「基本シナリオ」に対する主要リスクとして、持続的に低水準にあるインフレ、他の主要国の経済減速、貿易摩擦を引き金とした企業による設備投資の減速を指摘。6月のFOMCでは、こうしたリスク要因が利下げを正当化する可能性があるとの見解が示された。

「通商を巡る動向を受けて不透明性は増し、企業や農家から貿易を巡る懸念が高まっている」とし、企業投資も最近の数カ月間で「著しく減速したようだ」と述べた。

クレセット・キャピタル・マネジメントのジャック・アブリン最高投資責任者(CIO)は、「パウエル議長は7月の利下げに向け地合いを整えた」と述べた。

パウエル議長の証言を受け、米株価は上昇。S&P総合500<.SPX>は節目となる3000ポイントを上抜ける場面もあった。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は下落し、米2年債利回り<US2YT=RR>も低下した。

米金利先物市場では、今月のFOMCで50ベーシスポイント(bp)の利下げが実施されるとの観測が強まった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。