アベノミクスは、小泉改革を超えられない?

アメリカ経済は好調だが、日本経済は「上げ底景気」

中山のAJC杯は、あのG1馬の一発に期待!

今週末は、AJC杯(アメリカジョッキークラブカップ、26日11R)ですか。
中山競馬場の2200mという、なんとも中途半端なレースなんですが、はてメンバーがまた妙なメンツになりました。

狙ってみたいのは、唯一のG1馬であるサダムパテック。

え、G1たってマイルだろ、と言う声が出そうですね。確かにその通り。しかもこのところは、スタートで出遅れてずるずる負けるという「悪魔のパターン」にはまり込んでおりこの馬は終わった。と言う話さえ出てきていました。

しかし!

実はこの馬、3歳時の皐月賞では2着、長距離の菊花賞でさえ5着に入っているのですよ。さらに2011年の弥生賞(中山2000m)では、あのショウナンマイティやウィンバリアシオンあたりを蹴散らしているのです。

つまりマイラーと断言するのは危険で、こうしてみると中距離馬がたまたまスピードに乗って勝ってしまった、考えた方が自然なのではないでしょうか。

ここは一発馬の能力に賭けてみましょう。

サダムパテック単勝。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT