アベノミクスは、小泉改革を超えられない?

アメリカ経済は好調だが、日本経済は「上げ底景気」

中山のAJC杯は、あのG1馬の一発に期待!

今週末は、AJC杯(アメリカジョッキークラブカップ、26日11R)ですか。
中山競馬場の2200mという、なんとも中途半端なレースなんですが、はてメンバーがまた妙なメンツになりました。

狙ってみたいのは、唯一のG1馬であるサダムパテック。

え、G1たってマイルだろ、と言う声が出そうですね。確かにその通り。しかもこのところは、スタートで出遅れてずるずる負けるという「悪魔のパターン」にはまり込んでおりこの馬は終わった。と言う話さえ出てきていました。

しかし!

実はこの馬、3歳時の皐月賞では2着、長距離の菊花賞でさえ5着に入っているのですよ。さらに2011年の弥生賞(中山2000m)では、あのショウナンマイティやウィンバリアシオンあたりを蹴散らしているのです。

つまりマイラーと断言するのは危険で、こうしてみると中距離馬がたまたまスピードに乗って勝ってしまった、考えた方が自然なのではないでしょうか。

ここは一発馬の能力に賭けてみましょう。

サダムパテック単勝。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。