LINE MUSICが「赤字続き」でも踏み止まる理由 音楽配信各社が抱える"悩ましい事情"

印刷
A
A

小野氏は「ビジネスアライアンスはお互いにとって有益。単に広告を出すのではなく、こうしたコラボレーションを通じて認知度を上げていきたい」と意気込む。

システム費の削減の取り組みも独特だ。「多くの場合、楽曲のメタデータは外注するもので、コストがかかってしまう。だがAWAではエイベックスのノウハウを活かすことで、メタデータを内製化し費用を抑えた」と小野氏は語る。

データサーバーの維持費についても地道なコストカットを行うが、ここで活きているのが、サイバーエージェントのノウハウだ。AWAには3つの尺と4つの音質のデータが楽曲ごとにそれぞれ存在する。そうした莫大なデータを無駄なく効率的に保管することで、本来は月3000万かかる維持費を半分にまで抑えることができたという。

こうして、AWAは売り上げ増と赤字削減を同時に追求。2018年3月期の売上高は前年同期比49.8%増の21億円、赤字幅も着実に削減している。

まずはシェア奪取を優先させるLINE MUSICは、売上が大幅に伸びているものの赤字幅は拡大の一途。2018年12月期の売上高は前年同期比81%増73億6169万円となる一方、20億円超の当期純損失を計上。「今は投資の期間。今年から来年にかけて勝負の時になる」と高橋氏は表情を引き締める。

これから爆発的に広がるのは間違いないと言われる、日本の音楽ストリーミング市場。その爆発がいつになるかまだ見えない中、今優先させるべきは、シェアか、利益か。各社は今、それぞれの新たなステージに突入しようとしている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT