新幹線や車に主役を譲った…「残念な幹線」10選

現在は観光列車がのんびりと走る路線も

9)呉線の三原―広間(広島県)

呉が軍港として栄えていたころは、呉線は重要な幹線であり、東京や大阪から直通の優等列車が走っていた。線路の規格も山陽本線と何ら遜色がないレベルで、C59形やC62形の重量級蒸気機関車が優等列車の先頭に立っていた。

呉線は現在、臨時の観光列車「瀬戸内マリンビュー」が走るのどかな路線になっている(写真:ちよく/PIXTA)

しかし、時代は変わり、呉線も広島駅よりの西半分は広島市への通勤通学路線として重要な役割を果たしているにもかかわらず、広駅以東の区間はローカル線然として列車本数も少なくなり、1時間に1本程度しか走っていない。

海岸線の美しい区間で、観光列車「瀬戸内マリンビュー」がのどかに走っている。

観光路線として再注目

10)予讃線の向井原―伊予大洲間(愛媛県)

内子線を含む新線区間がショートカットとなったため、優等列車はそちら経由に変更され、予讃線の本区間は特急列車の走らない残念な路線となってしまった。

海の眺めがよい下灘駅と観光列車「伊予灘ものがたり」(写真:black/PIXTA)

しかし、青春18きっぷのポスターの撮影地や映画・ドラマのロケ地にもなった下灘駅など、観光客に知られた海辺の駅が大人気となり、JR四国は愛称を「愛ある伊予灘線」と命名。併せて、車窓と食事が楽しめる全車グリーン車指定席の観光列車「伊予灘ものがたり」を走らせて人気の的となっている。

前回に続き、残念な幹線をさらに10路線挙げてみた。路線の歴史を通してながめてみれば、各路線の栄枯盛衰の様子がわかるであろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT