新幹線や車に主役を譲った…「残念な幹線」10選

現在は観光列車がのんびりと走る路線も

7)中央本線の岡谷―塩尻間(長野県)

「大八廻り」といって帝国議会議員でもあった伊藤大八が政治力で中央本線のルートを捻じ曲げたとされ、いわゆる「我田引鉄」の見本みたいに言われる迂回区間であった。

しかし、1983年に塩嶺(えんれい)トンネルが開通し、現在のルートに改められると、「大八廻り」の区間は、優等列車の走らないローカル区間に凋落した。

岡谷―辰野は、中央本線というよりは飯田線の1区間といってもいいほど飯田線に直通する列車ばかりが走る。一方、辰野―塩尻は普通列車のみが走る閑散区間になってしまった。

中央本線を名乗ってはいるものの、ちょっと寂しく、幹線とはいえないような実態である。

航路が主役だったころは…

8)宇野線の茶屋町―宇野間(岡山県)

かつては宇高連絡船へのアクセス線として、東京や大阪からの優等列車が発着し、宇野駅は四国連絡の中継駅としてにぎわった。

現在の宇野駅(筆者撮影)

しかし、瀬戸大橋の開通により、四国連絡の鉄道ルートは瀬戸大橋線に移り、宇野線の盲腸線的区間となった茶屋町―宇野はローカル線となってしまった。

宇野駅の広大な敷地も整理され、1面2線の小さな終着駅が現在の姿だ。普通列車が1時間に1本程度は運転されてはいるものの淋しい状況である。観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」が週末に発着するのが目立つ程度だ。

次ページ眺めのよい海沿いを観光列車が走る
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT