40~50代こそ今すぐ「週末起業」をするべき理由

稼ぐ力が身に付く「大人の週末起業」の始め方

人生100年時代、年金で足りない分は自分で稼ぐしかありません。これからの人生のために「週末起業」のコツを紹介します(写真:KY/PIXTA)  
金融庁が公表した、いわゆる「2000万円不足」問題により、老後生活への不安は増しています。問題の背景には、人生100年時代による長寿化があります。人生が100年になると、定年退職してからも人生が長く続くことになります。多くの人は稼ぐ手段を失ったまま、人生ばかりが長くなる時代がまもなくやってくるのです。
どうすれば、お金に困らない老後生活を送れるのか。経営コンサルタントで、かつて「週末起業」を提唱し、ベストセラーに導いた藤井孝一氏の著書『大人の週末起業』の内容を一部抜粋し、再構成のうえお届けします。

アラフォー、アラフィフ世代が苦難に直面

今から20年ぐらい前に、私が提唱した「週末起業」は多くの人に受け入れられました。会社に勤めながら週末は自分のビジネスを立ち上げ、軌道に乗ったら独立する。そんな起業スタイルが、もっと収入を増やしたい、リストラなどに備えたい、というサラリーマンに支持されました。

あれから20年、私が再び週末起業を提唱するのは、サラリーマン、中でもミドル以降(40~50代)の人たちが新しい苦難に直面しているからです。それは、長寿です。人生が100年になったら、職場を去った後の年月が30~40年にもなる可能性があります。そうなれば、退職金などの蓄えは底をつく人もいるでしょう。これまで、老後のお金は年金に頼ってきました。しかし、今後はそうはなりません。年金の財源が底をつくからです。

こうした不安を受けて、さまざまなアドバイスを書籍などで目にするようになりました。しかし、いずれも対応策は「所得の一部を貯蓄に回し、あとはできるだけ長く働く」という具合に、個人の自助努力を促すものになっています。結局、足りない分は自分で稼ぐしかないのです。

次ページ会社に居続けることはできない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。