『転職活動は在職中にするべき?』(31歳・男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『転職活動によっても視野は広まる』

 そうはいっても、すべての“非就労期間”が敬遠されるわけではありません。留学や資格勉強など、それ自体がキャリア開発とみなされるような期間であれば、そんなに気にする必要はありません。

 ただ、海外旅行はまずいですね。このパターンは割と多く、私の周囲にも「半年充電してから再就職する」と言って世界旅行に行ったものの、帰国後なかなか内定がもらえず、気がつけば1年経ち2年経ち…というタイプは結構いますから。

 そこでおススメしたいのは、まず内定を取り、入社日を先延ばししてもらうことです。たとえば4月の時点で内定を取り、実際の入社日は7月あたりに設定してもらうわけです。理由は「実家まわりで色々溜まった雑事があるから」など何でもかまいません(退職日をごまかすのは社会保険絡みですぐばれるのでアウトです)。これなら、採用のまな板にも載せてもらえるでしょうし、足元を見られる心配もないでしょう。

 最後に一つ。転職により視野が広まるのはもちろんですが、転職活動を通じても、やはり視野は広がるものです。人材市場ではどういったキャリアが求められているのか、企業側は何を基準に評価をつけるのか等々。それらを知るだけでも、日々の働き方は大きく変わってくるはずです。

 でも、既に退職した後だと、なかなか修正は難しいんですね。内定の無いまま、時間だけが過ぎ、焦る気持ちからますます空回りする…。そして結局、不本意な会社に再就職してしまう人が多いのです。

 まだ31歳ですから、在籍したまま何社か回ってみて、社外の空気を感じてみてください。きっと違う価値観が生まれてくるはずです。転職をするのは、それからでも遅くは無いでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。