武蔵小杉は大混雑、横須賀線の増発はできる?

並行する新幹線の駅開設に期待する声も

現在、7~8時台の武蔵小杉駅上り線には横須賀線の列車に加えて湘南新宿ラインが10本、成田エクスプレスが2本発着する。これらを合わせると2時間に30本。平均すると4分間隔で列車がやってくる計算になるが、中央線快速は朝ラッシュ時に1時間あたり30本を運転している。横須賀線も、もっと本数を増やせそうにも思える。

だが、JR東日本によると「横須賀線の本数増は難しい」。その理由は「長い編成の貨物列車が走るため、信号の間隔が他路線よりも長い」からだという。

鉄道の信号システムは、前方の列車との衝突を防ぐため線路を一定区間に区切り、1つの区間に同時に2つの列車を入れないという考え方に基づいている。このため、区間の間隔が短ければその分だけ列車の本数を増やすことができる。長い編成の列車が走る区間では、信号の間隔を短縮することが難しい。そう考えると、横須賀線の本数を抜本的に増やすのは難しそうだ。

新幹線武蔵小杉駅の可能性は?

武蔵小杉駅の横須賀線ホームに立つと、東海道新幹線がひっきりなしに行き交うのがわかる。時刻表を見ると7~8時台に武蔵小杉駅の前を通過する東京行き新幹線は20本近く、横須賀線よりも多い。地元住民からは「新幹線が武蔵小杉に止まればいいのに」という、うらめしげな声も聞こえてくる。新幹線が武蔵小杉に止まれば「新幹線通勤」が可能になる。古い話になるが、1992年に川崎市議会で武蔵小杉への新幹線新駅設置が検討されたこともあったので、あながち夢物語というわけでもない。

武蔵小杉付近を走る新幹線。右側の線路が横須賀線(写真:ニングル/PIXTA)

品川と新横浜の間に新駅を設置すると、新幹線の速達性を損なうことになるが、リニア中央新幹線の開業後、東海道新幹線が現在ほど速達性を問われなくなり、ダイヤに余裕ができれば、武蔵小杉に新駅を造って通勤客を取り込むという戦略はあり得る。新幹線からリニアに多くの利用者がシフトした後の新幹線の増収策としても悪い話ではない。もっとも、JR東海側は「線形上の問題で駅の設置が難しく、まったく考えていない」。

今年11月30日からは、相鉄線とJR線の相互乗り入れが始まる。相鉄線から乗り入れる列車が武蔵小杉に何本停車するかは未定だが、相鉄線から東京方面に向かう客は、武蔵小杉や西大井で横須賀線に乗り換える必要があり、2023年度に武蔵小杉駅のホームが新設されるまでは、ホームの混雑はさらに増えそう。住みたい街・武蔵小杉の住民が快適に通勤できる日は、はたしてやってくるのだろうか。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング