NTTドコモ、純増数で2年ぶりに首位奪還

12月の携帯純増数のキャリア比較

1月10日、携帯電話大手3社が10日発表した2013年12月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数で、NTTドコモが2年ぶりに月間首位を奪還した。昨年9月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 10日 ロイター] - 携帯電話大手3社が10日発表した2013年12月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数で、NTTドコモ<9437.T>が2年ぶりに月間首位を奪還した。

13年の年間ベースではソフトバンク<9984.t>傘下のソフトバンクモバイルが6年連続で首位、KDDI<9433.t>は同じ番号のまま携帯電話会社を変えられる番号継続制(MNP)で首位を維持した。

ドコモが月間純増数で首位になったのは11年12月以来。ドコモは27万9100件となり、ソフトバンクの22万4300件、KDDI<9433.t>の22万2600件をそれぞれ5万件超、上回った。スマートフォン(スマホ)の売れ筋である米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の「5s」と「5c」で在庫不足が解消したほか、12月に発売したソニー<6758.T>の「Xperia(エクスぺリア)Z1f」などアンドロイド端末の冬春モデルも販売が堅調だった。新規契約者の増加が寄与し、ドコモは3カ月連続で純増を維持した。

ただ、MNPによる転出入数では、ドコモは5万1000件の転出超過と59カ月連続のマイナスだった。今年度ではマイナス幅が最も小さくなったが、プラスに転じるまでには至らなかった。KDDIは4万3300件の転入超過で27カ月連続首位。ソフトバンクは9400件の転入超過だった。

年間首位、純増がソフトバンク、MNPはKDDI

2013年の年間ベースでの純増数は、ソフトバンクが343万7700件(12年は348万6700件)となり、6年連続で首位となった。KDDIは279万9700件(同251万9300件)、ドコモは119万4000件(同136万4000件)だった。

年間でのMNPは、KDDIが96万2100件の転入超過だった。同社の昨年実績は93万3000件で、MNPが通年で寄与した07年以降、携帯大手3社の中で過去最高を記録していたが、今回もそれを更新した。ソフトバンクは46万8200件(12年は39万3300件)の転入超過だった。

一方、ドコモは143万4000件(同131万3200件)の転出超過だった。「iPhone」の発売を開始した9月までの顧客流出が大きく響いた。同社はMNPが通年で寄与した07年以降、転出超過の状態が続いており、過去最大の流出となった。

(白木真紀 編集:山川薫)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT