お金持ちだけが集う「VIP会員クラブ」のリアル

日本で全然足りない「最上級サービス」とは?

ロンドンに本拠がある家族向け富裕層クラブ「マギーアンドローズ」。子どもがゆっくり遊べるスペースもあるので、大人もくつろげる(筆者撮影)

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。2018年版の「アジアパシフィック・ウェルス・レポート(Asia-Pacific Wealth Report)」によると、アジア太平洋地域は2017年に世界の個人富裕層の40%以上を生み出していて、その資産は2025年までに42兆ドルを超えると予想されています。

こうした背景から、シンガポールでは個人富裕層向けの金融サービスやVIPサービスに力が注がれています。先日、私はシンガポール国内で行われたヨットショーに見学で出席したのですが、一般客とは別にVIPのブースに案内され、別待遇でした。スポーツの試合会場などでもVIPサービスがあるのは今や世界の常識です。

日本でもこれからVIPサービスは増えていくでしょう。しかし、VIPをどのようにもてなすか、その具体的なサービスの内容を知らなければ、グローバルスタンダードのサービスは提供できません。今回は私が経験したシンガポールの個人富裕層向けのVIPサービスをご紹介します。

VIPルームを3万円のスニーカーで歩き回る子どもたち

シンガポールには「アメリカンクラブ」や「タングリンクラブ」「ラッフルズタウンクラブ」「タワークラブ」といった富裕層向けのメンバーシップ(会員制クラブ)が数多くあります。

最近では、ロンドンに本拠がある「マギーアンドローズ」もオープンしました。富裕層の家族も会員になるファミリーメンバーシップのクラブです。さっそく見学に行ってきたのですが、最低3万円はするブランド物のスニーカーを履いている子どもたちも結構いました。クラブは富裕層のおもてなしに慣れているホテルチェーンやアパレルを営む企業が運営しているのでセンスがよく、細部まで完璧なサービスでした。

次ページウェットティッシュから木馬まで、こだわり抜く
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。