米中通商協議の妥結は意外に早いかもしれない

トランプ大統領の「直観」は、結構正しい

ここからは恒例の競馬コーナーだ。春のG1シリーズも真っ只中。その中でも難所は先週のNHKマイルであり、今週末のヴィクトリアマイル(G1、12日東京競馬場11R、距離1600メートル)である。

例年、ここで大番狂わせを目撃して調子が狂い、後に続くオークス、ダービーに向けて貴重な軍資金を減らすという惨事が繰り返されている。

先週も絶対人気のグランアレグリアが5着に沈み、「NHK参る」と天を仰いだファンは少なくなかったはずだ。桜花賞では圧勝だったのに。あの子はねえ、きっとレースに牡馬が入ると意識しちゃって、力が出せないタイプなんですよ。

天邪鬼なヴィクトリアマイルの本命はデンコウアンジュ

今週末に控える「ヴィクトリア魔居る」も、過去5年連続で単勝5番人気以下の馬が勝っている天邪鬼なレースである。2015年には3連単で2000万円超という特大馬券が飛び出したこともある。

ここはTV東京『ウィニング競馬』のMC、「ジャンポケ斎藤流」でオッズを度外視して選んでみよう。

本命はデンコウアンジュ。4月の阪神牝馬ステークスから直行する馬が多い中で、中山牝馬ステークスを4着、福島牝馬ステークスを1着と尻上がりでこのレースを迎えている。上がり33秒台の末脚があり、前走1800メートルから短縮になるのも好材料。

一昨年のレースで2着につけていることも、「リピーター現象」が多いこのレースでは買い。鞍上は大ベテランの柴田善臣騎手だが、令和2度目のG1レースにはピッタリの「顔」ではないか。

それ以外では府中が大得意のアエロリット、中山牝馬ステークスを制したフロンテアクイーン、後は戦績が安定しているミエノサクシードあたりにピンとくるものがある。単複で狙うか、ワイドで広げるか、それともお得な馬連かは当日の雰囲気次第。「母の日」に行われる牝馬のマイル戦をどうかお見逃しなく。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT