30代妻が「もう花束には喜べない」と歎くワケ

「伴侶のニーズを満たす4カ条」とは?

一般論と過去の経験にはハマらない「パートナーのニーズを満たす4カ条」を解説します(写真:PeopleImages/iStock)
「男性は手料理をふるまってもらえると嬉しい、女性は花をもらうと嬉しい」。そんな“一般論”にハマらない人は意外といるかもしれない。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「パートナーのニーズを満たす4カ条」を解説する。

前回の記事(「妻の急病で新婚旅行をキャンセル、淡々と仕事する30代夫に感じる妻のみじめさとは?」)には、たくさんの反響をいただきました。パートナーのニーズがわからず、すれ違ってしまったケースを紹介したものですが、ではどうすれば、相手のニーズを満たすことができるのか。今回はもう一歩踏み込んで考えてみたいと思います。

前回登場した結婚3年目の秋帆さん(仮名、30代)は、当初「夫には感情がない」と訴えます。

花をもらったら嬉しいって感じるのが普通?

「この人には感情ってものがないんです。私が死んだって眉一つ動かさない人なんです」

すると夫の博隆さん(仮名、30代後半、営業職)は、冷静にこう言いました。

「そんなことありません。私だって、妻が亡くなれば悲しいですし」

当記事は、AERA dot.の提供記事です

そのあとに、こうも言いました。

「でも妻の方こそ、花をあげても喜ばなくなりました」

交際当初は、誕生日などに花束を贈るととても喜んだのに、最近は変わってしまったと博隆さんは感じていました。秋帆さんは怒り交じりで言います。

「夫はそう責めるんですが、嬉しくないものは嬉しくないんです!」

私が「もちろん(嬉しくないものは、嬉しくないですよね)」と応じると、

「花をもらっても、うれしいと感じない私はおかしいんでしょうか?」

と続けます。私は「何がおかしいと思うんですか?」と訪ねます。するとこう答えました。

「夫が言うように、花をもらったら嬉しいって感じるのが普通かな、と思うんです。でも私は、切り花は花がかわいそうに感じて、心が痛むんです。交際当初はそれよりも、自分にプレゼントをくれる男性がいるということが嬉しくて舞い上がっていたのですが……」

次ページ一方で博隆さんは困り果てていました
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。