農林物輸出「その他のその他」が品目1位のナゾ

安倍政権の悲願「1兆円目標」達成間近だが

関税番号は業者が輸出商品ごとに申告し税関が承認して決まる。「その他という項目はバスケットと呼ばれ、該当する関税番号が見当たらない場合に割り振られる受け皿。雑多な品目が入っているとみられる」(財務省関税局業務課)。

関税分類の仕組みはパチンコに似ている。玉を弾くと、上の方の穴(関税番号)に入ることもあるが、どこにも入らなかった玉は最後にいちばん下の穴に吸い込まれる。これが「その他」というわけだ。まるでブラックボックスだ。

次ページ貢献しているのは「農産物」ではなく「その他」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。