東海道新幹線、浜名湖に津波が来たらどうなる

在来線は浸水想定区間も…地震への備えは?

一方、並行する東海道本線へは、最悪の場合、いくつかの区間や駅が津波に見舞われることが想定されている。

東京―名古屋間で想定される津波浸水高を高い順に表にまとめた。

想定される津波浸水高

この表を見るにあたり、心にとめてほしいことがある。各県で作成した津波浸水想定は、現在の科学的知見を基に、過去数百年にさかのぼって実際に発生した津波や今後発生してもおかしくない最大クラスの津波が、悪条件下において発生した場合の区域(浸水域)と水深(浸水深)である。

すなわち南海トラフを震源とする大地震が起きても、表で示した高さまでには至らない可能性も高い。あくまで想定できる最悪のケースである。

だがその一方で、想定より大きな津波が発生する可能性がまったくゼロというわけでもない。こうした点を踏まえたうえで活用してほしい。

表では静岡県の海岸近くを走る区間が上位を占めた。

それぞれの駅間でも、表に示した高さより低い浸水高や、浸水なし想定の区間もある。例えば用宗―焼津間(7.1km)の場合、焼津駅から用宗駅方面へ向けて約2kmが浸水想定区間である。

人口密集の市街地の例では、焼津駅の前後約2km以上、清水駅の前後約4kmの線路(または線路下)が浸水想定となっている(いずれも静岡県公表による)。

次ページ津波が予想される場合
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT