福島県川俣町民ら137人が東電を提訴 「地域を台無しにした」加害者責任を追及

印刷
A
A

しかし、年間に100億円を超す莫大な予算が投じられているにもかかわらず、国が進める放射性物質の除染にどれだけの効果があるのかは、はっきりしない。共同作業に依存する稲作や広大な土地を必要とする畜産業の再建もきわめて困難だ。

そうしたことから多くの住民は、「帰還または移住の見通しがまったく立っていない」(前出の菅野町議)。13年2月にまとまった山木屋地区住民アンケート(実施時期は12年8~9月)では「今すぐにでも帰還したい」と「放射線量低下などの条件付きで帰還したい」と答えた人が6割を上回った。ただし、最も回答が多かった「地域全体が年間1ミリシーベルト以下になること」の達成は容易でない。40代以下では「帰還するつもりはない」が4割を超えているなど、若い世代は別の場所に生活の基盤を求めようとしている。

原発事故がもたらした災厄はあまりにも大きい。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT