「大盛りいか焼そば」が撤退せざるをえない実状

売り上げは「U.F.O」の1割程度に過ぎなかった

そこで、スーパーマーケットで販売された、月あたりの平均売価の推移を見てみると、今度は動きの激しさが逆になっている。「日清焼そばU.F.O. 128g」は安定した価格で販売できているとわかる。一方で、「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」については、90円台から130円台と、その変動が激しい。これは在庫がたまったときにセールで売る、というようなことがあるのかもしれない。

もともと、「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」は、カップ麺でお腹がいっぱいになりたい消費者に訴求するために、文字どおり「大盛り」をネーミングした。

しかし、メタボ回避、ダイエット、少子高齢化、炭水化物・糖質抜きブームなどが重なり、さほど大盛りがアピールできない時代になってきたように思う。もちろん、好きな人はいるだろうが、その比率が下がっているという意味だ。

売れ筋商品から外れると、棚を取れない?

POSデータに基づく商品管理が進み、スーパーやコンビニの店頭は売れ筋商品をを重視して並べる。一度、棚を外れてしまうとなかなか取り戻せず、売れ行きが下降する。そんな悪循環があった可能性もある。

なお、今回、調査した限りでは、カップ焼きそばの中で、買い物指数(100万人来店時の売上金額)が、なんと数百円にすぎない商品も数多かった。これでは、スーパーマーケットに並べるコストは徒労と化していく。きっと土地代を考えると陳列コストのほうが高いだろう。また、平均売価も数十円しか取れない商品も数多くある。

そんななかで、「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」は健闘を続けていた商品とはいえる。まさか平成の終わりを意識したわけではないだろうが、一つの区切りとして、私も愛好したカップ麺が寂しい結末を迎えることになった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT