「大盛りいか焼そば」が撤退せざるをえない実状

売り上げは「U.F.O」の1割程度に過ぎなかった

ただ、ここで注意したいのは、上位と下位では、大きくポイントに差がついていることだ。

「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」は「日清焼そばU.F.O. 128g」に10倍ほどの差をつけられている。カップ焼きそばは、「日清焼そばU.F.O. 128g」「マルちゃん ごつ盛り ソース焼そば 171g」「ペヤング ソースやきそば 120g」「一平ちゃん 夜店の焼そば 135g」が“4強”であり、そのほかは、なかなか苦戦を強いられている状況だ。

本記事の担当編集者が3月29日と30日の2日間で、東京都内のスーパーを10軒回ってみたところ、「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」を1つも見つけられなかった。撤退を見据えた生産・出荷調整を進めていたからかもしれないが、確かにどのスーパーも“4強”の商品が目立ち、5位以下は店によって置いているブランドがマチマチだった。POSデータを持ち合わせていないが、コンビニエンスストアでも「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」は見る影もなかった。

強者の強みが価格に反映される

ここで面白いデータを2つお見せしたい。まずは、どちらの商品が季節に乗れているかを示すグラフだ。基本的に焼きそばは夏の食べ物だとされる。夏祭りや、あるいは、ビーチ、花火会場などでビールとともに食する経験は多いだろう。その時期に合致した売れ行きを示しているか見てみよう。比較は、ランキング1位の「日清焼そばU.F.O. 128g」と、今回販売終了する「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」だ。

1店当たり売り上げ点数を、この1年間にさかのぼってみると、
「日清焼そばU.F.O. 128g」はカップ焼きそばの顔ともいえる存在のためか、夏時期の販売量がグンと伸びているのがわかる。それにたいして、あくまでもこの1年のデータではあるものの、「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」の売上点数はやや寂しい。

そして、2つ目のデータは、消費者にいくらの金額で訴求できるかだ。当然ながら、小売店としては定番品であれば安定した価格で販売したい。そうすると売り上げが上下することがない。また販促のために、無理な値下げも回避できる。

次ページ安定の「U.F.O」に対して……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT