NYダウとS&P、史上最高値を更新

FRB緩和縮小で、景気に楽観的見方広がる

12月18日、米国株式市場は急反発し、ダウとS&P500は終値で最高値をつけた。ニューヨーク証券取引所で撮影(2013年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 18日の米国株式市場は急反発し、ダウとS&P500は終値で最高値をつけた。米連邦公開市場委員会(FOMC)が小幅な量的緩和縮小を決定し、米経済の足取りの強さを確認する格好となった。

S&P500は量的緩和縮小発表直後に下押す場面もあったが、すぐにプラス圏に転じて値上がりし始めた。

ダウ工業株30種<.DJI>は292.71ドル(1.84%)高の1万6167.97ドル。ナスダック総合指数<.IXIC>は46.38ポイント(1.15%)高の4070.06。S&P総合500種<.SPX>は29.65ポイント(1.66%)高の1810.65。

エネルギー株が株価全般の上昇をけん引し、石油のエクソンモービルは2.9%値上がりした。9─11月期決算が増益となった住宅建設のレナーも6.3%高となった。

電子機器受託製造のジェイビル・サーキットは20.5%下落し、ナスダック総合指数の上値を抑えた。12─2月期の業績見通しがアナリスト予想を大幅に下回ったことが響いた。アップルが0.8%下げるなど、他のハイテク関連銘柄も圧迫された。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値         16167.97(+292.71)

前営業日終値    15875.26(‐9.31)

ナスダック総合<.IXIC>

終値         4070.06(+46.38)

前営業日終値    4023.68(‐5.84)

S&P総合500種<.SPX>

終値         1810.65(+29.65)

前営業日終値    1781.00(‐5.54)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT