映画「バイス」は社会派なのに笑える異色作だ

「影の大統領」チェイニー副大統領の裏側描く

映画『バイス』は、ジョージ・W・ブッシュ大統領政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描いた作品だ (東洋経済オンライン読者向け試写会への応募はこちら) ©2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

「これからお話しするのは真実の物語だ。というか、ディック・チェイニーという人は、アメリカの歴史において最も秘密主義なリーダーのひとりなんで、できる限り真実に近づけるようにしたんだ。とにかく、俺たちはベストを尽くしたんだよ」

3月19日(火)に独占試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

アカデミー賞8部門にノミネートされるなど、世界的に高い評価を受けている映画『バイス』(4月5日全国公開)は、こうした軽やかな文言とともに始まる。2001年から2009年にかけて、ジョージ・W・ブッシュ大統領政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描いた映画ということで、重厚な作品を思い浮かべるかもしれない。

しかし、この映画はテーマは社会派だが、中身はコメディーで、笑えるシーンがたくさんある。監督を務めたのはアダム・マッケイ。コメディー劇団「アップライト・シチズン・ブリゲイト」の創設メンバーであり、アメリカの人気コメディー番組「サタデー・ナイト・ライブ」の脚本、「マイケル・ムーアの恐るべき真実 アホでマヌケなアメリカ人」の企画なども担当している。

チェイニー副大統領を描いた“社会派コメディー映画”

さらに映画監督としてもリーマン・ショックの裏側を描き出し、高い評価を受けた『マネー・ショート 華麗なる大逆転』なども手がけた鬼才である。政治を風刺で笑い飛ばす手腕に長けており、本作でもおふざけの一歩手前とも言うべき奔放な、かつ笑える語り口で、“史上最強のアメリカ副大統領”とも、“史上最悪のアメリカ副大統領”とも言われたチェイニーの裏側に肉薄していく。

だが冒頭に記した通り、ブッシュ大統領の影に隠れたチェイニーという人物とは何者なのか。案外知らない人も多かったように思う。マッケイ監督もそのひとりで、インフルエンザの療養中で家にいた際、偶然手にした本がチェイニーに関するものだったという。それを読んだときに、目標を達成させるための政治的手腕などの数々を知り、驚きを隠せなかったことを告白する。

次ページブラッド・ピット率いるプランBが制作
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。