ジム・ロジャーズ「30年後の日本大変なことに」

債務の大きい国はひどい終焉を迎える

代わりに競争力をつけたのがアメリカだ。重工業への投資拡大、自動車産業の躍進、大量生産・大量消費。空前の繁栄を、当時の大統領ハーバート・フーヴァーは「永遠の繁栄」と呼んだ。「新時代」「黄金の20年代」という言葉も生まれた。

しかし実際のところは、「永遠」でも何でもなく、ただのバブル景気にすぎなかった。ほどなくニューヨークのウォール街で株価が暴落し、それが1929年からの世界大恐慌へと波及する。

リーマンショックの影響は受けずにすんだ

このように歴史に学んでいたおかげで、私はこれまでにリーマンショックからトランプアメリカ大統領当選、北朝鮮開国に至るまで、数々の「予言」を的中させてきた。とりわけリーマンショックが起こることはその前年から目に見えていたので、その後少なくない利益を得ることができた。住宅ローン業務を担う連邦住宅抵当公庫(ファニーメイ)の株を空売りしたのだ。

ファニーメイだけでなく、シティバンクやその他投資銀行の株も空売りした。テレビに出演して「もうすぐ崩壊が訪れる」ともコメントした。だが、私の言葉に耳を傾けてくれる人は誰もいなかった。「君は変わっている」「ロジャーズはついに頭がおかしくなった」と言われただけだ。

2016年に、東京で講演をしたときもそうだった。「これからは北朝鮮が台頭する」と発言したのだ。あまりに「北朝鮮、北朝鮮」と言ったものだから、あやうく逮捕されそうになったくらいだ。2年後の2018年、状況はまるっきり変わった。「ロジャーズが北朝鮮について話していたとき、彼は頭がおかしいと思ったが、いまは彼が正しいことがわかった」と言われたのだ。

2016年のアメリカ大統領選のときのことも、よく覚えている。大統領選のニュースを見ながら妻と娘2人に、「勝つのはドナルド・トランプだ」と言ったのだ。そう断言すると、家族はみなひどく腹を立てた。私はトランプ支持を表明したのではなく、あくまで彼が勝つと言っただけなのだが。でも、結果としては私の予想どおり、彼が当選を果たした。

では具体的に、投資市場に目を向けてみよう。歴史が教えてくれるのは、これからは「アジアの時代」がくるということだ。

次ページいま、世界の資産は東洋に、負債は西洋にある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング