あの西武新型特急は車内も「常識破り」だった

インテリアの雰囲気も「これまでにない列車」

巨大な窓を室内から眺めると、床面から窓の下辺までの高さはわずか40cmほどで、シートの座面と同じくらいだ。窓の大きな列車といえば、屋根まで続く曲面ガラスなど上方に向けた窓が一般的だが、足元から広がる巨大な車窓に流れる風景は開放感とともにスピード感もありそうだ。

曇り空に溶け込むように走るラビュー。銀色の車体は天候や風景によって異なる表情を見せる(撮影:大澤誠)

一方で、シートに座った乗客のひざより低い位置から窓が広がっていることで「開放的」過ぎると感じる人もいないとは限らない。そこで、シートはひじ掛けから背もたれまで一体化した、人を包み込むような独特のデザインを採用した。コンセプトである「リビングのような雰囲気」づくりは成功しているといえそうだ。

テーブルは向かい合わせにした際に使うひじ掛け内蔵形に加え、ノートパソコンが載るサイズの座席背面テーブルもあり、各席にコンセントも備える。

西武沿線に注目の春

今春は池袋駅近くに、池袋線の線路をまたぐ西武HDの新本社ビル「ダイヤゲート池袋」が開業し、同線沿線の埼玉県飯能市には「ムーミンバレーパーク」がオープン予定と、西武グループや西武沿線に注目が集まる。

試運転中のラビュー。銀色の弾丸のような外観が特徴だ(撮影:大澤誠)

ラビューもこのタイミングに合わせて登場する。3月16日のダイヤ改正から、池袋線・西武秩父線の特急「ちちぶ」「むさし」に投入され、平日は上り6本・下り5本、土休日は上下各5本運転される。2019年度中にはすべてのニューレッドアローがラビューに置き換わる予定だ。

観光だけでなく、平日は通勤利用者が多くを占める西武の特急。「通勤も観光も、いろんな年齢層の方が違う目的で乗る、そういう特急がどういう風にあったらいいかと考えた」(妹島さん)という銀色の新型特急は、はたして利用者にどんな景色を見せるだろうか。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT