国民民主党・自由党「合流」に未来はあるか

通常国会を前に野党合流の動きが加速中

国民民主党にも激震が走った。かつての小沢氏側近で、その後たもとを分かった階猛・衆院議員は1月22日夜、「理念、政策を擦り合わせることもなく、野党の一部とだけ合流することはこれまでの経緯を考えるとありえない。単に誤報だろう」とツイッターに書き込んでいる。

23日の記者会見で玉木氏は「(小沢氏との)連携強化で意見が一致した。自民党に代わるもうひとつの選択肢を作るというのが野党の責任だが、その一歩となるような連携強化になればと思う」と述べた。「合流」という言葉こそ使わないが、「どういう連携がベストなのか、模索したい。統一会派はそのひとつだ」と述べて、その可能性を否定しなかった。

その後、党本部で開かれた総務会は3時間以上に及んだ。総務会で玉木氏は小沢氏との協議について代表一任を求めた。小沢氏との協議は統一会派結成に向けてのものなのか、それとも合流を前提とするものなのか。総務会後に玉木氏は「急ぐのは統一会派の問題なので、これについては現場の交渉に入るということで承認された」と述べた。まずは統一会派を組むことで小沢氏と合意しているようだ。

小沢氏が描く衆参での統一会派

「国会の開会までに間に合わす事柄と、もう少し時間をかけてやる事柄と分かれる。まずは(前者について)急ぎ先方とも話をして、それに伴う両院議員総会を(国会の)開会前に開く」という玉木氏の発言から判断する限り、合流は視野にあるようだ。それは参議院選までに実現すればいいわけで、急ぐ必要はないということだ。

一方の小沢氏は余裕をもって動いていたようだ。玉木氏と面談する2週間前に国民民主党関係者と懇談。「きちんと(国民民主党内で)決めてくれれば、私は何でもやるから」と強い決意を見せたという。

そもそもこうした流れは、小沢氏が描いたという見方が強い。2018年秋に、国民民主党と自由党が統一会派結成に前向きだったことがあった。10月19日に長浜博行・参院議員が離脱し、国民民主党は参議院で野党第2会派に転落。それを埋めるべく広く野党に声をかけたが、応じたのが自由党だったのだ。

だが衆参両院で統一会派結成を求めた自由党に対し、国民民主党には「小沢アレルギー」を持つ議員がいたため、衆議院での統一会派結成を拒否。結局実現しなかったという経緯がある。そうした玉木氏の動きに対して、「さまざまな可能性に手を出している」との評価もある一方で、「かつて(民主党と自由党の)民由合併を取り付けようとして失敗した鳩山由紀夫・元民主党代表に似た危うさがある」との声もある。

国民民主党は24日に両院議員総会を開き、自由党との統一会派結成を了承した。それに先立って玉木氏と小沢氏らは院内で会談し、統一会派結成について合意。これで参議院での勢力は27人となるが、立憲民主党・民友会も自由党の4人を除いた希望の会(社民党の2人)を加えるため、同数の27人となる予定だった。

ところが同日、藤田幸久・参院議員が国民民主党に離党届を出し、立憲民主党に入党届を出した。茨城県選挙区を地元とする藤田氏は2013年の参院選で20万票余りを獲得して当選したが、自民党の上月良祐参院議員に35万票以上の差をつけられた。藤田氏は今年7月の参院選でかなりの苦戦が予想されており、立憲民主党に候補者を立てられると万事休す。その前に立憲民主党入りしてしまおうという算段だ。

通常国会を前にしての今回の国民民主党と自由党との”合流”劇。はたして彼らは自民党に代わる選択肢になれるのだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT