「100年に1度の自動車革命」という煽りの正体

CASEやMaaSのブームに惑わされるな

マーケティング用語のブームに踊らされてはいけない(写真:metamorworks/iStock)

「社内で本当に、100年に1度の自動車革命に直面しているという意識を持っているか?」

トヨタ自動車の各部署で複数人のトヨタ社員に聞いてみた。

予想通り、彼らの答えは「はい、(部内や課内で)しっかり共有している」だった。

週に数回行われる部署内ミーティングで、上から何度も「100年に1度」の話がされるそうだ。具体的には「今年はボーナスが出たが、今後のやり方を間違えば、数年以内にトヨタですら潰れかねない」とまで言われるそうである。

2017年末、トヨタは役員人事に関するプレスリリースで、豊田章男社長のコメントとして、トヨタがいま直面している状況について「勝つか負けるかではなく、生きるか死ぬか」
という極めて厳しい言葉を使い、社内外に時代変化に向けた危機感の共有を求めた。

トヨタの言う「100年に1度の自動車革命」とは何を指すのか。

技術的には、自動運転、EV(電動化)、コネクテッドカーという3つの領域、さらに新しいサービス領域としてのシェアリングを加えた合計4領域が、自動車メーカーにとって「100年に1度」の規模のインパクトを与える、というものだ。

そもそも、そうした時代変化について積極的に強調したのは、ドイツのダイムラーだ。 

ダイムラーが言えば、皆が従う?

最近、日本の経済メディアでCASE (ケース)という言葉が頻繁に登場するようになった。

これは、ダイムラーが2016年頃から自動運転、EV、コネクテッドカー、シェアリングをゴロ合わせして使用するようになった、単なるマーケティング用語だ。BMWなど他の自動車メーカーでは、別のゴロ合わせをしたマーケティング用語があるのだが、メディアはダイムラーによる呼称を優先して使う傾向が強い。

世界の自動車産業の歴史とは、ダイムラーを中核とするドイツメーカー主導の変革の歴史と言っても過言ではない。技術革新のみならず、新しい技術領域における法整備についてもドイツメーカーの世界市場に及ぼす影響力は絶大だ。

そのため、現在でも日系自動車メーカーや日系の自動車部品大手の幹部と意見交換していると、「それで、ダイムラーはどうしようと思っているのか?」「そうなると、ボッシュやコンチネンタルの戦略は?」といった感じで、ドイツ勢の動向を絶えず気にかけている。

次ページ今も変わらない「ドイツ信仰」「ドイツ警戒」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。