ポルシェのスポーツカー重視戦略に見た思惑

大人気の新型SUV「マカン」に傾注はできない

世界中からオーダーが殺到している新型「マカン」(写真:ポルシェ ジャパン)

12月19日、ポルシェ ジャパンは新型「マカン」の国内発表を行い、2019年夏から全国の正規販売店にて発売すると明らかにした。2013年秋に東京とロサンゼルスという太平洋をまたいだ2つのモーターショーでほぼ同時に発表された新型マカンは、世界のミドルクラスSUV市場の爆発的な拡大を背景に大ブレークを果たし、2017年実績でもポルシェのグローバル販売の実に4割近くを占める重要な存在である。日本でも、やはり販売全体の3割がこのマカン。ますます力が入っていることは想像に難くない。

充実の標準装備もベース価格は据え置き

実際、今回発表されたベースモデルでは、従来オプションだった歩行者検知機能付きアダプティブクルーズコントロール、車線変更時に斜め後方の他車の存在を知らせるレーンチェンジアシスト、サラウンドビュー付きパークアシストといった日本での装着率の高かった装備を標準装備としながら、699万円のベース価格を据え置きとしている点が注目である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ポルシェと言えば「車両価格はあくまですっぴんの状態。必要なオプションを積み上げていったら、あっという間に車両価格の100万円にも200万円にもなってしまう」というのが定説だっただけに、この変更は大いに目を引く。実際、金額換算すると10数パーセント、買い得になっているという。

クルマ自体も確実に進化している。筆者はすでに11月にスペインで開催されたプレス向けの国際試乗会でそのステアリングを握っているが、走りの面では、サスペンションの改良によってハンドリング性能としては軽快感を高めながら、一方で快適性も向上。また、10.9インチのワイドなタッチスクリーンを用いたPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント)の採用による先進感あるインフォテイメント、忘れてはいけない左右テールランプ間をLEDストリップでつないだ最新のポルシェ車に共通の新デザインの採用によるリフレッシュされた外観など、見どころは多い。

世界中からオーダーが殺到していることもあり、当初2019年春ごろと言われていた納車予定が夏にずれ込んでいるのがマイナス材料ではある。それでも引き続きマカンがポルシェの国内販売を牽引する存在となるのは間違いない。

次ページSUVと、ポルシェというブランド
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。