ポスト安倍を狙う石破茂氏に勝機はあるのか

ホテル・ニューオータニで盛大なパーティ

12月17日、自身のパーティーで乾杯する自民党の石破茂氏(写真:共同通信)

単なる奇遇にすぎないのか。12月17日夜に都内で2人の自民党議員のパーティーが開かれた。ひとりは野田聖子前総務相で、もうひとりは石破茂元地方再生担当相。いずれもポスト安倍を狙っている2人だ。

だが2人の立場は大きく違っている。2018年自民党総裁選では、推薦人20名を集められず2015年と同様に出馬を諦めた野田氏に対し、石破氏は苦戦しながらも地方票の45%と国会議員票73票を獲得した。2012年の総裁選では第1回投票で安倍晋三首相を上回る199票(地方票165票と国会議員票34票)を得ている。

しかも石破氏のパーティーの会場となったのは、立食パーティーでは1500名を収容できるホテル・ニューオータニの芙蓉の間。鈴木宗男元北海道・沖縄開発庁長官や有村治子元内閣府特命担当相がパーティーを開く会場だ。最近ではパーティーが長女で衆議院議員の貴子氏との共催となっている鈴木氏は、現職時代から「天下獲り」を目指すべく全国に後援会を結成していた。参議院比例区選出の有村氏は、神道政治連盟を支持母体とするため、パーティーの参加者の数が多い。

石破氏の場合、かつては同ホテルで500名収容可能な鳳凰の間でパーティーを開いていた。よって、当時と比べて今回はざっと3倍の規模になったわけだ。

「石破が総理大臣にもしならなかったら、私は永遠に鳥取に来ることはない――。そう言ったら、みんなすごい拍手するんですよ。おっかなくてもう鳥取には行けない。なるべく早くなっていただいて、境港でおいしい蟹を食べたい」

規模拡大も、寂しさが否めなかったパーティ

ほぼ満席となった会場で、新進党時代からの盟友であり石破派のスポンサーとも言われる笹川堯元衆議院議員が最初に挨拶し、笑いをとった。次に挨拶に立ったのは9月の内閣改造で石破派から“1本釣り”された山下貴司法相だ。当選回数3回ながらパーティー会場入り口での立礼では石破氏、佳子夫人に次いで3番目に立っていた。

「私は石破先生の弟子のひとり。法務大臣の打診があった時に報告に行くと、石破先生から『石破派のためではなく、日本のためにやってこい』と言われた」

2017年10月の衆議院選では石破氏が山下氏への応援のために雨の中を傘も差さずに立ってくれたことも披露。まさしく石破氏らしいエピソードといえる。

また石破氏とテレビで共演することも多い田原総一郎氏は、「私は昔から石破応援団。いまの自民党は安倍首相にものを言えなくなっているが、石破さんは本当に頑張った」と檄を飛ばした。

しかしながら、あいさつに立ったのは以上3名のほかに柴山昌彦文科相のみで、いささか寂しい印象が否めなかった。総裁選で石破氏を支持した吉田博美自民党参議院幹事長や竹下亘前総務会長らの姿はなく、石破氏の“盟友”である小池百合子東京都知事も、都議会が第4回定例会の最終盤にあったせいか、メッセージを寄せるのみだった。

次ページ吉田氏の動向がカギを握る
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。