塩と砂糖を見分けられない人の固すぎる思考

「知識」は時にあなたの足かせになる

2つの山を見つめているだけでは、砂糖と塩を判別することはできない。なかには塩よりも砂糖の粒子のほうが粗いという知識を披露した子どももいたようだが、世の中には粒の粗い塩もあるから、この問題の正解としては不十分である。結局、ほとんどの子どもは「わかりません」と答えたらしい。

これは、受験に挑んだほとんどの子どもが、すでに知識という足かせをかけられてしまっていたことを示している。知識だけでは正解にたどり着けない類いの問題を解けないのだ。

この問題の正解を導く方法は単純で、2つの山をそれぞれななめてみればいい。「砂糖は甘く」「塩はしょっぱい」ことさえ知っていれば、誰でも正解を出せる設問だったのである。なんだそんな簡単な話かと怒る人もいるかもしれないが、人間は赤ん坊のときから、すべてのモノをなめて確認している。人間の知恵のもとは、なめることから始まるのだ。なめてみて苦ければ危険と判断するし、逆に味覚が異常を示さなければ飲み込む。

試行錯誤が「思考力」を養う

種明かしをした後だと、とても単純な試験に思えるが、塾で入試対策の知識を詰め込まれた子どもたちの多くが解けなかったのだろう。この素晴らしい入試問題からわかるのは、「実験」の大切さだ。

一般的な教育では、ベーコン的な観点からまず知識を与え、その次にパスカル的な視点で思考力を育もうとする。ただ、その順番だと、知識が思考の邪魔をしてしまう。砂糖と塩を見分ける試験は、そのことを明らかにした。

『お金の整理学』 (小学館新書) 書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

あるべき順序は、まず実験なのである。実験、思考、知識という順に段階を踏んでいくことで、人間は賢くなる。実験を繰り返す精神によって考える力が育まれ、そこからまだ見ぬ新しい知識が生まれる。重要なのは、実験が「失敗」を伴うものであるという点だ。試行錯誤を繰り返すことからこそ、本当の思考力が身についていく。

このあるべき順序は、学校教育の話にとどまらない。実験をやめたら、人生はつまらなくなる。だから人間はいつまでも、ある程度は失敗を恐れずに挑戦を続けられたほうがいい。

知識が思考の邪魔をする。これはやはり真実である。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT