DeNAの筒香が日本球界に訴えた強烈な危機感

アスリートとしての思いと揺るがぬ信念

2018年1月14日、大阪府堺市で少年野球チーム「堺ビッグボーイズ」の小学校低学年向けのイベントに出席した筒香選手(筆者撮影)

大阪府堺市の少年野球チーム・堺ビッグボーイズのグラウンドで、このチーム出身の横浜DeNAベイスターズ筒香嘉智がメッセージを発信したのは2018年1月14日のことだった。

多くのメディアを前にして、筒香は「勝利至上主義」など、日本野球の問題点を挙げ、野球は変わらなければならないと訴えた。現役の選手が日本野球界の現状と改革への意気込みを語るといった行為自体、極めて珍しいことだった。

この模様は、筆者のコラム「DeNA筒香『球界の変わらない体質』にモノ申す」でも紹介し、大きな反響を得た。

プロ野球のスター選手が、日本野球のあり方に疑問を呈し、直言するのは勇気のいることだ。

筒香から感じた揺るがぬ信念

筆者はこのとき、筒香の正面でICレコーダーを向けていた。自らの主張を切々と訴える筒香の真摯な姿勢に心が震える思いがした。

そのときの筒香は、堺ビッグボーイズの顔見知りの野球少年と帽子の取り合いっこをするなど、26歳(当時)の青年らしい無邪気な部分も見せた。だが、メディアに対するときは、まっすぐ前を向いて、はっきりと語った。揺るがぬ信念を感じさせた。

筒香嘉智が、現役選手にもかかわらず、こうした提言をするに至ったのはなぜなのか、なぜ、彼はそうしなければいけなかったのか。筒香の著書『空に向かってかっ飛ばせ!未来のアスリートたちへ』にはその答えが書かれている。

筒香嘉智は、和歌山県北部の橋本市に生まれた。2、3歳の時には野球好きの父親の影響で野球に出会った。そして小学2年生になると少年野球を始めた。このあたり、どこにでもある野球少年と野球の出会いだ。

違っていたのは、父親が長い目で筒香の将来について考えていたこと。そして筒香自身も大人や目上の人の言うことを鵜呑みにするのではなく、一つひとつ自分で考え、判断する少年だったということだ。

次ページ筒香を変えたある出会い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT