DeNAの筒香が日本球界に訴えた強烈な危機感

アスリートとしての思いと揺るがぬ信念

少しぽっちゃりした目立たない少年だった筒香は、しだいに野球選手として頭角を現していく。父に次いで筒香に手ほどきをしたのは、10歳上の兄だった。自らは選手としての将来をあきらめ、弟に未来を託した。

そしてそこから、堺ビッグボーイズとの出会いが始まり、野球選手・筒香の未来が開けていくのだ。

筒香は松坂大輔に憧れ、関西の出身にもかかわらず、横浜高校に進み、甲子園で活躍する。しかし、高校時代の筒香の目標は、すでに甲子園ではなく、プロ野球だった。

横浜ベイスターズにドラフト1位で入団してから筒香は何度も挫折を味わいながらも、主軸打者へと成長していく。

筒香自身は、選手に罵声を浴びせるような野球も、勝利至上主義の野球も経験してきた。実は、筒香が在籍していたころの堺ビッグボーイズも「勝利至上主義」だった。

もちろん、ほかの少年野球よりもはるかに進んだチームではあったが、野球を楽しむことなく勝利を追い求め、全国大会で実績を上げていた。また横浜高校も全国に名だたる強豪校であり、甲子園で勝つことを至上の目標にしていた。

そうした境遇で競争に勝ち、実績を残してきた筒香だが、つねに心の中に違和感を抱いていたのだ。

筒香を変えたドミニカでの強烈体験

そんな筒香のわだかまりを解いたのは、ドミニカ共和国での強烈な野球体験だった。

ドミニカ共和国などカリブ諸国では、地元出身のMLB選手などが12月からリーグ戦を繰り広げる。教育や練習ではなく、興行的価値の高いプロ野球リーグだ。2015年、筒香はドミニカ共和国のウィンターリーグに参加し、メジャーの実力を肌身で知る。

そしてドミニカ共和国の野球指導の現場も視察し、現地の少年野球が、子どもを見守り、自主性を尊重していることを知る。大人たちは、子どもの才能が未来に大きく開花するように指導していたのだ。

この出会いの翌年に筒香は本塁打、打点の二冠王になった。そして同時に「日本の野球をどうにかしなければいけない」という認識を持つに至るのだ。

筒香をドミニカ共和国に案内したのは堺ビッグボーイズ代表の瀬野竜之介と、当時、JICA職員でのちに堺ビッグボーイズのコーチになる阪長友仁だった。堺ビッグボーイズもこの時期に「勝利至上主義」を排し、少年野球としては前例がない改革に乗り出していた。

次ページ筒香がメッセージを出したのは必然だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT