京成止めた台風塩害、応急処置は「拭き掃除」

6年前に対策開始も…「スピード遅かった」

10月に京成線で起きた運休トラブルは塩害が原因だった(写真:hide0714 / PIXTA)

京成線で10月5日、電線からの出火が相次ぎ、10時間以上にわたって全線で運転を見合わせたトラブル。この原因について、京成電鉄は台風による「塩害」だったことを11月28日に発表した。

この被害は日本に到達した台風24号がもたらしたものだ。同社のドル箱である京成線全線で同日朝9時から運転が休止し、終日の運休で上下1080本、45万2000人に影響を与えることになった。応急対策を講じて翌日始発から全線で運転を再開。部品や損傷設備の取り替えは、発生から遅くとも約2週間で終わっている。しかし、あれから約2カ月。すでに季節は冬の様相だが、その間にもう1つの対策が続けられていた。

付着した塩を手でふき取る

塩害は、最大瞬間風速50mに達する吹き返しの風が、海水を沿岸の広い範囲に運んだことで起きた。京成の例では、海水が送電線などに付着し、交流6600Vの高圧配電線や列車に電力を供給する直流1500Vのき電線などが塩分を介して通電することでショートし、送電線や変圧器などの焼損が同時多発的に発生して変電所をダウンさせた。これが、運転見合わせの原因である。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

応急対策は全線を点検したうえでの損傷した部分の取り替えだ。そのうえで最後まで残った作業は、送電設備に付着した「塩」を手で拭き取る清掃。それも「ちょっとした水で洗い流せるものではない。想定以上、かなりの量の塩分」(同社施設部電力課)という地味で忍耐が必要な作業だった。

11月27日から28日の深夜にかけて、ようやく完了した。営業距離152.3km、その間に点在する後述する「ケーブルヘッド」や「高圧ヒューズ」など実に2500か所以上の清掃に作業員数約690人が携わった。

海水が塩害を引き起こす仕組みがわかると、沿岸部を走る線区ではどこでも起きそうだが、今回の台風で京成線より海に近い場所を走るほかの鉄道では、こうした輸送障害は起きなかった。なぜか。

「打つべき手を打ちながらやっていたが、少しスピードが遅かった」

鉄道副本部長の田中亜夫取締役は、今回の輸送障害についてこう振り返った。同社が11月27日に公表した調査結果から、その後悔の念をたどってみた。

次ページどんな手を打っていたのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。