2025年大阪万博、「鉄道計画」も動き出すか

開催決定で地下鉄・京阪の延伸案に現実味

2025年の大阪万博開催が決まった夢洲(ゆめしま)。統合型リゾート施設の誘致構想もある(写真:共同通信)

2025年の万国博覧会開催地が大阪に決定した。筆者は大阪に住んでいるが、実際のところ大阪での招致活動は、行政や経済界はともかく民間レベルではそれほど盛り上がっていなかった。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

昨今の外国人観光客の増加や、それに伴う混雑などのさまざまな状況を見るにつけ、「大阪がにぎわうのはうれしいが、手放しでは喜べない」といった気持ちを抱く人も多いのだろう。

開催地についても、まさか大阪に決まるとは思っておらず、ビックリしたという声も少なくない。もっとも、決定したからにはこれをきっかけに大阪が活気づいてほしいと思うし、大きなトラブルがないことを祈りたい。

鉄道延伸計画が複数ある

と、いささかネガティブなスタンスで話を始めてしまったが、一方でいち鉄道ファンとして万博の開催決定は大いに関心のあるところだ。というのも、会場となる夢洲(ゆめしま)へのアクセスとして、複数の鉄道路線が延伸されるかもしれないのである。

延伸計画は複数ある。写真は京阪中之島駅付近。ここから画面奥へ向かう計画がある(筆者撮影)

そもそも、現在夢洲へのアクセスは道路トンネルに限られており、公共交通機関は通じていない。万博開催に際しては、約2800万人と試算される来場者をどうやって運ぶのかが大きな課題となる。

前回、1970年に千里丘陵で開かれた大阪万博(以下、便宜上「千里万博」と記述)では、開催に合わせて大阪市営地下鉄(現・大阪メトロ)御堂筋線が延伸。吹田市域は北大阪急行電鉄に乗り入れ、6400万人を超えた来場者のメインアクセスとして活躍した。

さらに、輸送力を強化するために御堂筋線用車両の大型化やATC(自動列車制御装置)の導入なども行われ、地下鉄の近代化に大きく寄与した。

次ページ大阪メトロ中央線がメインアクセスに
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。