2025年大阪万博、「鉄道計画」も動き出すか

開催決定で地下鉄・京阪の延伸案に現実味

万博の開催決定でにわかに現実味を帯びてきた延伸計画だが、一方で先行きが不透明な部分も残る。

京阪中之島駅のホーム先端には、トンネル掘削に使われたシールドマシンの一部がオブジェとして残る。ここから先への延伸が実現するかどうか、正念場を迎えている(筆者撮影)

万博はあくまでも一時的な需要であり、閉幕後の利用が見込めなければ路線の運営が成り立たない。千里万博では、御堂筋線や北大阪急行線が日本初の大規模ニュータウン「千里ニュータウン」のアクセス手段としても活用できたため、建設が決定したという経緯もある。

これに対して今回の万博は、周辺の土地利用がまだまだ進んでおらず、閉幕後の需要予測はかなり厳しいものとなっている。

複合型リゾート施設の構想も

そこで注目されているのが、カジノを含むIR施設の建設だ。今年7月に、いわゆる「カジノ法」が成立したことを受け、その建設候補地として有力視されているのが夢洲だ。

中之島駅は、建設計画が進む「なにわ筋線」とも接続する。この長い地下通路の先でなにわ筋線の駅とつながる予定だ(筆者撮影)

もし建設が決まれば、強力な集客施設として期待できることから、中央線や中之島線の延伸にも弾みがつく。さらには、JR西日本もゆめ咲線の夢洲延伸をにらんで検討を始めており、今後はこちらの招致が焦点となるだろう。

万博の開催決定で、まずは大きなハードルを1つ越えた形となった、夢洲への鉄道延伸計画。IR施設の建設についても、近いうちにその結果が出ると思われ、その時にはこれら計画の命運が決まるだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。