日産ゴーン会長「金商法違反容疑」の衝撃

金融商品取引法違反容疑で

 11月19日、NHKなど国内メディアは、東京地検特捜部が日産自動車のカルロス・ゴーン会長(写真)を金融商品取引法違反容疑で事情聴取していると報じた。自らの報酬を過少に申告した疑いがあるという。パリで10月撮影(2018年 ロイター /Regis Duvignau)

[東京 19日 ロイター] - NHKなど国内メディアは19日、東京地検特捜部が日産自動車<7201.T>のカルロス・ゴーン会長を金融商品取引法違反容疑で事情聴取を始めたと報じた。自らの報酬を過少に申告した疑いがあるという。

報道によると、過少申告した金額は億単位に上るとみられ、特捜部は容疑が固まり次第、逮捕する方針という。NHKなどによると、東京地検は日産本社の捜索を開始した。

日産は19日夜、記者会見する予定。同社の広報担当者は事実関係を確認中としている。

東京地検からはコメントを得られなかった。

ゴーン氏は仏自動車大手ルノー<RENA.PA>の会長兼最高経営責任者(CEO)も務めており、欧州市場でルノー株は一時前日比5.6%下落し、3年強ぶり安値をつけた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT