日産ゴーン会長「金商法違反容疑」の衝撃

金融商品取引法違反容疑で

 11月19日、NHKなど国内メディアは、東京地検特捜部が日産自動車のカルロス・ゴーン会長(写真)を金融商品取引法違反容疑で事情聴取していると報じた。自らの報酬を過少に申告した疑いがあるという。パリで10月撮影(2018年 ロイター /Regis Duvignau)

[東京 19日 ロイター] - NHKなど国内メディアは19日、東京地検特捜部が日産自動車<7201.T>のカルロス・ゴーン会長を金融商品取引法違反容疑で事情聴取を始めたと報じた。自らの報酬を過少に申告した疑いがあるという。

報道によると、過少申告した金額は億単位に上るとみられ、特捜部は容疑が固まり次第、逮捕する方針という。NHKなどによると、東京地検は日産本社の捜索を開始した。

日産は19日夜、記者会見する予定。同社の広報担当者は事実関係を確認中としている。

東京地検からはコメントを得られなかった。

ゴーン氏は仏自動車大手ルノー<RENA.PA>の会長兼最高経営責任者(CEO)も務めており、欧州市場でルノー株は一時前日比5.6%下落し、3年強ぶり安値をつけた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。