米ケース・シラー住宅価格指数、13.3%上昇

7年半ぶりの高い伸びを記録

11月26日、S&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、9月の主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は、季節調整済で前月比1.0%上昇した。写真はカリフォルニア州で売りに出された住宅。10月撮影(2013年 ロイター/Mike Blake)

[ニューヨーク 26日 ロイター] -スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が26日発表したS&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、9月の主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は前年比13.3%上昇し、2006年2月以来の大幅な伸びとなった。

上昇率は市場予想の13%も上回った。

季節調整済の前月比では1.0%上昇した。ロイターが集計したエコノミスト予想中央値は0.8%上昇だった。

季節調整前では前月比0.7%上昇で、予想中央値と一致した。

主要10都市圏の価格動向を示す指数は季節調整済で前月比0.9%上昇、季節調整前で同0.7%上昇した。前年比では13.3%上昇だった。

S&P・ダウ・ジョーンズ指数のデビッド・ブリッツァー指数委員長は「住宅市場は金融危機から引き続き回復しており、差し押さえ物件の割合も低下、消費者のバランスシートも強化されている」と指摘。「長期的な問題は、世帯形成の回復基調が継続し住宅所有が2004年のピーク水準に戻れるかどうかだ」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT