アメリカ、中国との通商協議再開を明言

カドロー米国家経済会議委員長がCNBCに語る

 11月13日、米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は、米政府が通商問題を巡り中国と協議を再開したことを明らかにし、こうした展開は「極めて前向き」との見解を示した。バージニア州アーリントンで昨年11月撮影(2018年 ロイター/YURI GRIPAS)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は13日、米政府が通商問題を巡り中国と協議を再開したことを明らかにし、こうした展開は「極めて前向き」との見解を示した。

カドロー委員長はCNBCのインタビューに対し「米中政府のすべてのレベルでコミュニケーションをとっている」とし、「米中は協議を再開した。これはプラスの動きだ」と述べた。

また、米政府は欧州連合(EU)と日本とも良好な通商協議を進めていることを明らかにした。

ドル相場についてはかなり安定しているとの認識を示した。

カドロー委員長はその後、ホワイトハウスで記者団に対し、アルゼンチンで今月開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する際に、トランプ大統領が中国の習近平国家主席と会談するのは「現在ではかなり明確になっている」と指摘。ホワイトハウスは同会談に向け背景資料の取りまとめなどの準備作業を進めていると述べた。

首脳会談前に何らかの譲歩を求めているかとの質問に対しては、「過去5─7カ月にわれわれが提示した案件について何らかの反応が聞きたい」と述べた。

ロス商務長官は前月、米中通商協議が中断されたことを明らかにしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT