中国当局、銀行に理財商品の公表義務付けへ

シャドーバンキング実態解明へ、14年から開始

11月22日、中国の規制当局は国内銀行に対し、保有する理財商品と呼ばれる高利回りの金融商品の詳細について、新たに報告を義務付ける。北京で3月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[上海/北京 22日 ロイター] -中国の規制当局は国内銀行に対し、保有する理財商品と呼ばれる高利回りの金融商品の詳細について、新たに報告を義務付ける。4人の事情に詳しい関係筋が明らかにした。来年から実施する。

理財商品は、銀行が預金に代わる高利回り商品として販売。調達した資金は多くがバランスシートに計上されず、ノンバンクを通じて不動産開発など高リスク部門への融資に利用されている。中国「シャドーバンキング(影の銀行)」の代表的な商品だ。

新たな規制では、銀行は中央預託清算機関(CCDC)が管理する登録制度を通じて、保有の理財商品や関連の取引について公表する必要がある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT