実は働く妊婦に冷たいアメリカ企業のリアル

企業の配慮を促す法律もない

妊娠した女性への不当な扱いは、アメリカの企業でよく見られることではある。昇進や昇給を認めない企業もあれば、産休に入る前に解雇する企業もある。だが、重労働に従事する女性が妊娠中に不当な扱いを受けると、さらに大きな危険が生じる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズ紙は、上司に援助を求めたが拒否されて、その後流産や早産、死産に至ったという労働者に関して、裁判記録やほかの公的な書類を数千ページにわたって検証した。彼女たちは、重いマットレスを裏返したり、大きな箱を運んだり、荷物の積まれたカートを押すなどの仕事から、少し離れたいと願っていた。

40年前から変わらない法律

この女性たちが働いていたのは、病院や郵便局、空港、食品店、刑務所、消防署、レストラン、医薬品メーカー、ホテルなどだった。

ターシャ・ムレルさんもXPOで働いていて、流産を経験した(写真:Miranda Barnes/The New York Times)

しかし、企業が妊娠中の女性への配慮を拒否することは、多くの場合、完全に合法である。連邦法によると、たとえほかにもっと軽い仕事があって、医師が書面でそうした仕事に移るよう勧めたとしても、企業は必ずしも妊娠中の女性の仕事を調整する必要はない。

妊娠中の女性を保護するための連邦法は、40年前に制定された「妊娠差別禁止法」が唯一のものだ。同法によると、企業が妊娠中の労働者に配慮しなければならないのは、ほかに「同様の能力または能力の欠如」がある労働者に対して、すでに同様の対応をしている場合だけである。

したがって、誰の仕事も軽減していない企業では、妊娠中の女性の仕事も軽減する義務はないということになる。前出の倉庫のオーナーであるXPOロジスティクスも、そうした運営の仕方だったと従業員らは話す。

次ページ妊娠中の女性がモノを持ち上げるリスク
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT