KDDI社長「ドコモより先に宿題は済ませた」

「同等の値下げはすでにやっている」

KDDIの高橋誠社長は決算会見で、NTTドコモ が大規模な値下げを表明したことについて「同等なものはすでにやっている」と指摘した。写真は都内のauショップで2009年1月撮影。提供写真(2018年 ロイター)

[東京 1日 ロイター] - KDDI<9433.T>の高橋誠社長は1日の決算会見で、NTTドコモ <9437.T>が大規模な値下げを表明したことについて、同規模の値下げには慎重姿勢を示した。

ドコモは前日、2─4割程度の値下げにより1年当たり最大4000億円規模の顧客還元を実施すると表明した。

高橋社長は「同等なものはすでにやっている」と指摘。その上で「ドコモよりも一歩先に宿題を済ませているので、同じ規模で追随するということにはならない」と語った。

同社によると、昨年度に分離プランを導入して以降、顧客還元累計は今期末までに約3000億円超にのぼるという。高橋社長は「今からまた4000億円ということは絶対にない」と強調した。

1日の東京市場では追随値下げによる収益悪化懸念が浮上。KDDIの株価は前日比454.5円安の2360円と、前日から16%超下落した。

高橋社長は「単純に追随すると憶測されて、株価が下落したのではないか」との見方を示した上で「いま中期計画を作っているが、ドコモのように最初から減益を発表するつもりはない」として、「株はいまが買い時なのではないか」とアピールした。

ドコモは値下げの影響で、2020年3月期に営業減益を予想。現行の営業利益規模(約9900億円)に回復するのは5年後の2024年3月期になると見込んでいる。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。