「痛みを伴う」消費増税に嫌な予感がするワケ

「緊縮財政病」は思いのほか深刻だ

消費税を引き上げなければならない理由について、あなたは人にうまく説明できますか?(イラスト:『キミのお金はどこに消えるのか』より)

安倍晋三首相は10月15日、2019年10月に消費税を現行の8%から10%に引き上げることを表明しました。

『キミのお金はどこに消えるのか』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

景気への影響を懸念し過去2回増税を延期してきた安倍首相の今回の再表明には、評価する声と懸念する声、両方が渦巻いています。

そもそも……消費税を引き上げなければならない理由について、あなたは人にうまく説明できるでしょうか。「国の財政を健全化させるため」「未来の子どもたちに借金を負わせないため」などがいわれますが、はたして、これは正しいのでしょうか。

尋ねられると答えに窮する「経済の常識」に正面から挑んでいるのが、漫画家の井上純一氏。消費税増税問題をいったいどうとらえるべきか。井上氏が妻・月(ゆえ)さんと語り合いながら考えるコミックエッセイ『キミのお金はどこに消えるのか』より、抜粋してご紹介します(内容は明治大学の飯田泰之准教授が監修しています)。

消費税増税はしかたない?

次ページデフレで「国民の痛みを伴う改革」をすると…
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。