「痛みを伴う」消費増税に嫌な予感がするワケ

「緊縮財政病」は思いのほか深刻だ

消費税を引き上げなければならない理由について、あなたは人にうまく説明できますか?(イラスト:『キミのお金はどこに消えるのか』より)

安倍晋三首相は10月15日、2019年10月に消費税を現行の8%から10%に引き上げることを表明しました。

『キミのお金はどこに消えるのか』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

景気への影響を懸念し過去2回増税を延期してきた安倍首相の今回の再表明には、評価する声と懸念する声、両方が渦巻いています。

そもそも……消費税を引き上げなければならない理由について、あなたは人にうまく説明できるでしょうか。「国の財政を健全化させるため」「未来の子どもたちに借金を負わせないため」などがいわれますが、はたして、これは正しいのでしょうか。

尋ねられると答えに窮する「経済の常識」に正面から挑んでいるのが、漫画家の井上純一氏。消費税増税問題をいったいどうとらえるべきか。井上氏が妻・月(ゆえ)さんと語り合いながら考えるコミックエッセイ『キミのお金はどこに消えるのか』より、抜粋してご紹介します(内容は明治大学の飯田泰之准教授が監修しています)。

消費税増税はしかたない?

次ページデフレで「国民の痛みを伴う改革」をすると…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT