アマゾン7.8%安、S&Pは5月以来の安値

ネット株やハイテク株の売りが膨らむ

 10月26日、米国株式市場は反落。ハイテク株やインターネット関連銘柄が売り込まれる中、S&P総合500は5月初旬以来の安値で取引を終えた。ニューヨーク証券取引所で24日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[26日 ロイター] - 米国株式市場は反落。ハイテク株やインターネット関連銘柄が売り込まれる中、S&P総合500<.SPX>は5月初旬以来の安値で取引を終えた。ナスダック総合<.IXIC>は再び調整局面入りが確認された。

S&Pも一時調整局面に迫ったが、終盤にかけ下げ渋った。

朝方発表された第3・四半期国内総生産(GDP)速報値が前期比3.5%増と、市場予想の3.3%増を上回ったものの、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>とアルファベット<GOOGL.O>が前日引け後に発表した決算への失望感から売りが広がり、相場を圧迫した。

BMOグローバル・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、アーネスト・ラモス氏は「すべては企業決算が主導した」と指摘。「決算期と(11月の)米中間選挙を終えれば、相場は幾分落ち着きを取り戻すだろうが、必ずしも大きく回復するとは言えない」と述べた。

アルファベットは一時5.6%下落。その後は下げ幅を縮小し、1.8%安で終了。第3・四半期決算は、少なくともここ2年で初めて売上高が市場予想を下回る。また、新規事業への多額の投資や規制強化の動き、他社との競争を巡る懸念が高まった。

アマゾンは7.8%安。1日の下げ率としては2014年10月以来の大きさ。第3・四半期売上高と、年末商戦を含む第4・四半期の売上高・営業利益見通しが市場予想を下回った。

フェイスブック<FB.O>、アップル<AAPL.O>、ネットフリックス<NFLX.O>も安い。

S&P一般消費財株<.SPLRCD>は3.6%安。

投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティーインデックス(VIX指数)<.VIX>はほぼ変わらずの24.16だった。

週足では、ナスダックは3.8%下落し、3月23日終了週以来の大幅な下げを記録。ダウ<.DJI>3%、S&Pは4%それぞれ下落した。

ルーソルド・グループの首席投資ストラテジスト、ジム・ポールセン氏は、株価が一段安となることを想定しているとしつつも、「多くの投資家がなお買いの好機を模索しているように見える」と述べた。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を2.68対1の比率で上回った。ナスダックでも2.13対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は約102億株。直近20営業日の平均は83億株。

S&P総合500種構成銘柄では、88銘柄が52週新安値を付け、新高値を更新した銘柄はなかった。ナスダック総合構成銘柄では15銘柄が新高値を更新し、323銘柄が新安値を付けた。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24688.31 -296.24 -1.19 24770.25 24916.16 24445.19 <.DJI>

前営業日終値 24984.55

ナスダック総合 7167.21 -151.12 -2.07 7125.18 7283.32 7057.00 <.IXIC>

前営業日終値 7318.34

S&P総合500種 2658.69 -46.88 -1.73 2667.86 2692.38 2628.16 <.SPX>

前営業日終値 2705.57

ダウ輸送株20種 9965.67 -126.14 -1.25 <.DJT>

ダウ公共株15種 729.72 -12.65 -1.70 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1153.00 -20.21 -1.72 <.SOX>

VIX指数 24.16 -0.06 -0.25 <.VIX>

S&P一般消費財 821.21 -30.24 -3.55 <.SPLRCD>

S&P素材 318.04 -2.09 -0.65 <.SPLRCM>

S&P工業 581.00 -5.71 -0.97 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 554.62 -9.51 -1.69 <.SPLRCS>

S&P金融 419.35 -5.75 -1.35 <.SPSY>

S&P不動産 194.76 -5.18 -2.59 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 492.59 -3.88 -0.78 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1011.70 -11.01 -1.08 <.SPXHC>

S&P通信サービス 146.55 -3.61 -2.40 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1195.35 -22.79 -1.87 <.SPLRCT>

S&P公益事業 271.09 -4.69 -1.70 <.SPLRCU>

NYSE出来高 11.93億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 21280 + 50 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 21250 + 20 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。