アップルが個人データ兵器化を批判する理由

プライバシー法制定を呼び掛け

 10月24日、アップルのティム・クックCEOは、企業が顧客データを利益を増大させる武器に変えていると批判し、米国のプライバシー法制定を呼び掛けた(2018年 ロイター/YVES HERMAN)

[ブリュッセル 24日 ロイター] - アップル<AAPL.O>のティム・クック最高経営責任者(CEO)は24日、企業が顧客データを利益を増大させる武器に変えていると批判し、米国のプライバシー法制定を呼び掛けた。

ただ、フェイスブック<FB.O>のマーク・ザッカーバーグCEOは、広告ベースの事業モデルについて正当性を訴えた。

クック氏はプライバシー規制当局者や企業幹部らが出席する会合で、個人情報が軍隊並みの効率で兵器と化していると指摘。情報が慎重に収集、取引され、こうした情報を集める企業のみを利しているとの見方を示した。

ザッカーバーグ氏はビデオメッセージを寄せ、自社のユーザーは無料サービスと広告のジレンマを認識していると指摘。「利用者に料金を請求する代わりに、広告業者に掲載料の支払いを求めている。利用者は常に無料サービスを望み、広告が入るなら関連した内容を見たいと話している」と報告した。

アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルのピチャイCEOは、利用者の情報管理権限強化に向け取り組んでいると説明した。

クック氏はまた、各国政府が利用者情報を乱用していると指摘。「ユーザーは常にどのようなデータが何の目的で収集されているのかを知るべきだ」「これが、どんな収集(方法)が合法的なのかをユーザーが判断するための唯一の方法だ」と話した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT