台湾で8両編成の特急が脱線、多数の死傷者

少なくとも18人が死亡し、160人が負傷

(BEING CHUNG CHOU/via REUTERS)

21日午後4時50分(日本時間午後5時50分)頃、台北北東部で8両編成の特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡し、160人が負傷した。列車は台北近郊の新北市樹林から台湾南東部・台東県に向かっていた

列車には366人を運んでおり、現在でも30人以上が取り残されている。地元TVの映像には、救助隊員と数十人の軍人が21日の夜に車両を突き破って中に入ろうとする様子が映っている。

消防当局は午後7時45分時点での死者は18人、負傷者は160人であると声明で述べた。

台湾の崔大統領はFacebookページに「救助のための努力をすべて尽くす」と書き込んだ。鉄道局は、事故の原因を調べるための調査が進められていると述べた。副長官のLu Chieh-Shenは記者会見で、「電車の整備状況は良い状態だった」と語った。当局はまた、外国人が乗車していたかどうかも調べている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。