台湾で8両編成の特急が脱線、多数の死傷者

少なくとも18人が死亡し、160人が負傷

(BEING CHUNG CHOU/via REUTERS)

21日午後4時50分(日本時間午後5時50分)頃、台北北東部で8両編成の特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡し、160人が負傷した。列車は台北近郊の新北市樹林から台湾南東部・台東県に向かっていた

列車には366人を運んでおり、現在でも30人以上が取り残されている。地元TVの映像には、救助隊員と数十人の軍人が21日の夜に車両を突き破って中に入ろうとする様子が映っている。

消防当局は午後7時45分時点での死者は18人、負傷者は160人であると声明で述べた。

台湾の崔大統領はFacebookページに「救助のための努力をすべて尽くす」と書き込んだ。鉄道局は、事故の原因を調べるための調査が進められていると述べた。副長官のLu Chieh-Shenは記者会見で、「電車の整備状況は良い状態だった」と語った。当局はまた、外国人が乗車していたかどうかも調べている。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。