台湾で8両編成の特急が脱線、多数の死傷者

少なくとも18人が死亡し、160人が負傷

(BEING CHUNG CHOU/via REUTERS)

21日午後4時50分(日本時間午後5時50分)頃、台北北東部で8両編成の特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡し、160人が負傷した。列車は台北近郊の新北市樹林から台湾南東部・台東県に向かっていた

列車には366人を運んでおり、現在でも30人以上が取り残されている。地元TVの映像には、救助隊員と数十人の軍人が21日の夜に車両を突き破って中に入ろうとする様子が映っている。

消防当局は午後7時45分時点での死者は18人、負傷者は160人であると声明で述べた。

台湾の崔大統領はFacebookページに「救助のための努力をすべて尽くす」と書き込んだ。鉄道局は、事故の原因を調べるための調査が進められていると述べた。副長官のLu Chieh-Shenは記者会見で、「電車の整備状況は良い状態だった」と語った。当局はまた、外国人が乗車していたかどうかも調べている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。