台湾で8両編成の特急が脱線、多数の死傷者

少なくとも18人が死亡し、160人が負傷

(BEING CHUNG CHOU/via REUTERS)

21日午後4時50分(日本時間午後5時50分)頃、台北北東部で8両編成の特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡し、160人が負傷した。列車は台北近郊の新北市樹林から台湾南東部・台東県に向かっていた

列車には366人を運んでおり、現在でも30人以上が取り残されている。地元TVの映像には、救助隊員と数十人の軍人が21日の夜に車両を突き破って中に入ろうとする様子が映っている。

消防当局は午後7時45分時点での死者は18人、負傷者は160人であると声明で述べた。

台湾の崔大統領はFacebookページに「救助のための努力をすべて尽くす」と書き込んだ。鉄道局は、事故の原因を調べるための調査が進められていると述べた。副長官のLu Chieh-Shenは記者会見で、「電車の整備状況は良い状態だった」と語った。当局はまた、外国人が乗車していたかどうかも調べている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT